ENG

ニュース

お知らせ

2019.11.28

ADVASA「給与相当額随時払いサービス」イオン銀行とAPI連携を開始

株式会社ADVASA(アドバサ、本店:東京都港区、代表取締役:久保田 俊輔、以下:ADVASA)は、イオンフィナンシャルサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河原健次)の子会社である株式会社イオン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新井直弘、以下:イオン銀行)と、2019年11月28日より、給与相当額随時払いサービスにおけるAPI連携を開始します。

FintechベンチャーのADVASAは、企業の従業員勤怠情報を参照し、すでに労働した分の給与に相当する額を上限額として、従業員向けに資金提供を可能とする福利厚生、労働者への新たな資金提供サービスを展開しています。

現在、有効求人倍率は上昇傾向であることに加え、労働人口の高齢化等を背景に、特に労働集約型業種の企業において、採用難化や人員不足が進行するとともに、従業員の定着率向上が喫緊の課題となっています。このような環境において、本サービスは安定的な雇用確保への寄与が期待され、福利厚生の一環として導入する企業も増加しています。

今回の連携により、ADVASAのシステムを導入する企業は、新たにイオン銀行の口座でも同システムの利用が可能となりました。

今後ADVASAは、デジタルマネーでの給与支払い解禁の流れも見据えて、携帯ウォレットや電子マネーへの給与相当額のチャージや、同サービスの海外展開なども具体的に進めていく予定です。

【株式会社ADVASAについて】

株式会社ADVASAは、「勤勉な労働者に健全な生活環境を提供する」ことをミッションとして、様々なFintechサービスを展開しています。現在注力して展開している給与相当額随時払いサービスにおける立替型スキームでの特許をグループで保有しており、金融機関等パートナーへのライセンス提供、システム提供などを本格的にスタートし、国内外含め、労働者の金銭的な課題の解決、生活環境向上、利便性向上に向けて、スピード感を持って取り組んでまいります。

■会社概要
会社名:株式会社ADVASA
代表者名:代表取締役 久保田 俊輔
所在地:東京都港区元赤坂1-2-7 赤坂Kタワー4階
設立年月:2017年4月
資本金:5000万円
事業内容:
労働者への資金提供サービスの開発・提供
ブロックチェーン技術を活用したシステム開発・提供
Fintech関連サービスの開発・提供

https://www.advasa.co.jp

記事一覧次の記事へ