ENG

ニュース

お知らせ

2020.04.17

川崎のソウルフード元祖ニュータンタンメン本舗でADVASAとイオン銀行が機能連携した給与相当額随時払いサービスを利用開始

従業員の日々の安心のための福利厚生をスタート

株式会社ADVASA(アドバサ、本店:東京都港区、代表取締役:久保田 俊輔、以下:ADVASA)は、元祖ニュータンタンメン本舗(株式会社みなもと、神奈川県川崎市、代表取締役 五十嵐 正悟)の従業員向けに、イオンフィナンシャルサービス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:河原健次)の子会社である株式会社イオン銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新井直弘、以下:イオン銀行)と機能連携した給与相当額随時払いサービスの提供を開始します。

FintechベンチャーのADVASAは、企業の従業員勤怠情報を参照し、すでに労働した分の給与に相当する額を上限額として、従業員向けに資金提供を可能とする福利厚生、労働者への新たな資金提供サービスを展開しています。

この度、川崎のソウルフードとも言われる「ニュータンタンメン」を展開する元祖ニュータンタンメン本舗で、ADVASAの給与相当額随時払いサービスを福利厚生として導入します。元祖ニュータンタンメン本舗は、従業員が急な出費が発生した際に、働いた分の給与額の範囲内で借入とは異なる資金確保ができることで、安定したモチベーション、離職防止につなげ、また日々の安心を提供する福利厚生をPRすることで、求人応募増加も狙います。

更に、昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う営業自粛等の対策として、従業員が一日でも働いた分の資金を早期に受け取れ、必要な生活費用に充ててもらうことで、不必要な借金の防止、健全な生活維持のための手段の一つになればと考えております。

なお、元祖ニュータンタンメン本舗が利用する本サービスの送金の仕組みに関しては、ADVASAとイオン銀行が機能連携しているAPIを活用し、スピーディで安価なサービスを提供します。

【株式会社ADVASAについて】

株式会社ADVASAは、「勤勉な労働者に健全な生活環境を提供する」ことをミッションとして、様々なFintechサービスを展開しています。
現在注力して展開している給与相当額随時払いサービスにおいては、金融機関等パートナーへのライセンス提供、システム提供などを本格的にスタートし、国内外含め、労働者の金銭的な課題の解決、生活環境向上、利便性向上に向けて、スピード感を持って取り組んでまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社ADVASA
代表者名:代表取締役 久保⽥ 俊輔
所在地:東京都港区元⾚坂1-2-7 ⾚坂Kタワー4階
設⽴年⽉:2017年4⽉
資本⾦:5000万円
事業内容:労働者への資⾦提供サービスの開発・提供
ブロックチェーン技術を活⽤したシステム開発・提供
Fintech関連サービスの開発・提供

https://www.advasa.co.jp

【元祖ニュータンタンメン本舗(株式会社みなもと)について】

創業者五十嵐源吉が昭和39年に創業し、町の中華料理店から始まりニュータンタンメンを商品化。 FC店舗募集にも力を入れており現在東京神奈川を中心に店舗展開。

http://newtantan.jp

近年では神奈川県川崎市のソウルフードの味わいとして「ポテトチップス ニュータンタンメン味」も発売された。
カルビー「ポテトチップス ニュータンタンメン味」
■販売期間:2020年2月17日(月)~3月下旬予定
■販売エリア:神奈川・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・山梨(8都県)

https://www.calbee.co.jp/lovejapan/

前の記事へ記事一覧次の記事へ