ENG

コラム

給与日払いシステムの導入で企業側にかかるコスト

給与日払いシステムの導入で企業側にかかるコスト

給与日払いシステムを導入すると、初期費用や月額費用が発生するのでしょうか? 実は、企業側にかかるコストは提供会社によって異なります。できるだけコストを抑えるためには、少ない負担で導入できるサービスをお選びください。今回は、給与日払いシステムの導入コストについてお伝えします。

給与日払いシステムの初期費用や月額費用

給与日払いシステムの初期費用や月額費用ですが、利用するサービスによって発生するコストが異なります。
たとえば、給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、初期費用や月額費用が不要です。企業側に負担がかからないため導入のハードルが低く、福利厚生の一環としてすみやかに導入できます。その一方で、ほかの給与日払いシステムの中には、企業側に負担が発生するサービスもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

また、給与日払いシステムを導入する際は、既存の勤怠管理システムとの連携作業などが必要となります。この業務を業者側に対応してもらえるかどうかで、導入コストに影響が出るため注意しなければなりません。

技術的に自動連携ができない場合、連携のためにシステムをカスタマイズすると、数十万円の追加料金が発生する可能性があります。ADVASAのサービスなら、上記のようなケースも含めて連携費用が無料です。

給与日払いシステムを選ぶときは、初期費用や月額費用の安さだけでなく、「導入時にどの程度のサポートを得られるのか?」「追加料金が発生する可能性はあるのか?」といった観点を含めて検討することをおすすめします。

給与日払いシステムの手数料

給与日払いシステムを利用するときは、その都度手数料が発生します。従業員と企業の両方に手数料が発生するサービスもありますが、給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」なら、企業側に利用手数料が発生しません。利用手数料を負担するのは、利用者である従業員のみとなっています。

ただし、企業側に負担がないからといって、手数料が高額なシステムを導入するのは禁物です。従業員の負担が大きいと利用者数が低下して、そもそも福利厚生として機能しなくなってしまうおそれがあります。

手数料の相場は、1回あたりの利用で数百円程度。中には利用金額の数パーセントが手数料となるサービスもありますが、高額な手数料が発生するのを避けるためにも、金額が固定されているほうが安心できるでしょう。

また、給与日払いシステムでは、従業員の銀行口座宛てに振り込みすることで日払いを行います。従業員の利用のしやすさを考慮するならば、対応できる銀行の種類についても確認しておきましょう。

給与日払いシステムの運用コスト

もしも給与日払いシステムの導入が決定したら、担当部署の従業員の業務負担は、どれくらい増えるのでしょうか? 従業員の手間が増えると人件費がかかり、結果として企業側の運用コストが増えてしまうため、確認しておきたいポイントです。

実際のところ、運用コストはほとんどかかりません。給与日払いシステムは、従業員本人が専用アプリなどを通して利用申請を行います。勤怠管理システムと連携しているため、自動でデータのやり取りが行われ、利用に際して管理部門に申請する必要がないのです。また、管理部門が計算などの業務を負担する必要もありません。

ただし、運用しているうちにトラブルが発生するなど、場合によっては担当部署での対応が求められる場面があるかもしれません。そんなとき、提供会社に問い合わせ窓口などのサポート体制が充実していると、社内での対応の負担を削減できます。運用時に自社の負担がどれくらい発生するかを考慮しておきましょう。

低コストで導入できる福利厚生ペイメントシステム「ADVASA」

低コストで導入できる福利厚生ペイメントシステム「ADVASA」

従業員への福利厚生の一環として導入するなら、ぜひ給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」をご検討ください。ADVASAはシステム導入時の初期費用や月額費用が不要です。導入時の連携作業もすべてADVASAが負担し、カスタマイズに追加料金が発生しません。導入企業様にコストがかからないのが特徴です。

また、利用者である従業員の方への負担も配慮されています。ADVASAの利用手数料は固定の方式です。利用金額が高額になるときでも、安心してお使いいただけます。従業員の使い勝手が考慮された、福利厚生として機能するサービスです。

さらには、ADVASAの導入企業様は、専用のコールセンターをお使いいただけます。万が一、サービスについて問い合わせが必要となったとき、担当部署の従業員や利用者の方がいつでも疑問を解決できる安心感が得られます。低コストで導入可能な信頼できるシステムをお探しなら、お気軽にお問い合わせください。

***

給与日払いシステムの導入時には、初期費用や月額費用のほかに、連携のカスタマイズ費用がかかる可能性があります。また、企業側にも利用手数料が発生する場合もあるため、提供会社を選ぶときは料金面でも比較検討してみましょう。

福利厚生のために給与日払いシステムの導入を検討するなら、福利厚生ペイメントシステムのADVASAがおすすめです。運用時も安心できる充実したサポート体制で、導入企業様に安心してお使いいただけるサービスを提供いたします。

前の記事へ記事一覧次の記事へ