ENG

コラム

離職防止に役立つ!おすすめの福利厚生サービス3選

離職防止に役立つ!おすすめの福利厚生サービス3選

教育コストをかけた従業員の離職は、企業にとって大きな損害となります。それだけでなく、企業の将来を担う人材が不足することで、長期的に受ける影響も深刻です。そんな状況を前にして、離職防止の取り組みは急務といえるでしょう。

今回は、離職防止対策を検討している企業の担当者様へ向けて、おすすめの福利厚生サービスをご紹介します。福利厚生で従業員のモチベーションを高め、従業員が長く働き続けられる環境を整えていきましょう。

【1】フレックスタイム制度

業界や職種の特徴に合わせて、より柔軟な働き方を実現するために、1998年から導入された「フレックスタイム制度」。自由度の高い新しい制度というイメージがあるかもしれませんが、意外にも長い歴史があります。

フレックスタイム制度では、1カ月の総労働時間を企業側が決定します。これに基づき、従業員が裁量で出退勤の時間を調整するという仕組みです。日々の仕事量にムラがある場合、福利厚生としてフレックスタイム制度を導入すると、効率的に働きやすくなります。加えて、残業時間の削減が期待できるのもメリットでしょう。

制度を利用すれば、通勤ラッシュのピークを避けられるなど、従業員の働きやすさが向上する可能性もあります。プライベートの予定に合わせて労働時間を調整できるため、ワーク・ライフ・バランスを実現しやすくなるのも魅力のひとつです。

ただし、一人ひとりの労働時間が異なることから、業務時間外の従業員に仕事の連絡が入ってしまう可能性があります。また、出退勤の時間が社内で統一されていないため、従業員同士での連携がとりにくくなるかもしれません。

【2】育児支援制度

育児中も仕事を続ける家庭が多い中、福利厚生としての育児支援制度へのニーズが高まりつつあります。すでに法令で定められた育児休暇のほかに、独自の育児支援制度を導入する企業もあり、女性を中心として人気を集めているようです。

そんな育児支援制度の一例として「時短勤務」が挙げられます。こちらは、育児に携わる従業員の労働時間を、通常よりも短くする制度です。時短勤務を活用すれば、育児休暇から復帰したばかりの従業員が、無理なく仕事のリズムを取り戻しやすくなるでしょう。産後の女性従業員の定着を促すことにつながります。

そのほかにも、「出産祝い金」や「家族手当」など、資金面で子育てを支援する企業の例もあります。出産後には扶養家族が増えるため、福利厚生による家計の援助は、従業員にとって心強いサポートになるはずです。

【3】給与相当額ペイメントシステム

給与相当額ペイメントシステムは、福利厚生の一部となる制度です。給与の受け取りの自由度が高まるとして注目を集めています。従業員が働いた実績に応じて給与相当額が計算され、給料日前に受け取りできるのが特徴です。

給与相当額ペイメントシステムを導入すれば、従来は給料日まで受け取りできなかった給与を、従業員の必要に応じて利用できるようになります。給料日のタイミングに縛られることなく、急な出費などにも対応可能です。

セーフティネットとして制度が用意されていれば、万が一給料日前に資金が必要になっても、従業員は副業や転職をする必要がありません。給与の支払い方法の利便性を高め、健全な資金繰りをサポートできるようになります。

そんな給与相当額の随時払いシステムの導入は、「ADVASA」にお任せください。こちらは福利厚生の一環として、多くの企業様にご利用いただいているサービスです。少ない導入コストで離職防止の効果が期待できます。

福利厚生はなぜ離職防止に役立つのか?

昨今では、会社選びの条件のひとつとして、福利厚生を重視する求職者が増えつつあるようです。人材採用の市場においても、企業側が求職者に働きやすさをアピールする上で、福利厚生が重要な役割を担うようになりました。

育児・介護と仕事の両立が必要となり、従業員の働き方にも多様性が生まれつつある時代。ワーク・ライフ・バランスを重視する価値観が広く認知され、福利厚生へのニーズは今後も高まることが予想されます。

そんな福利厚生には、従業員のモチベーションを高める効果が期待されています。企業から給与とは別の形で報酬を得ることで、従業員の暮らしがより安定したり、働きやすさが向上したりと、多くのメリットがあるためです。さらには、福利厚生を充実させて従業員を大切にする企業は、社会的信用が向上します。

少子高齢化による人材不足が懸念され、人材採用はすでに売り手市場になりつつあります。企業側は、福利厚生をはじめとした強みによって他社との差別化をはかり、次世代を担う人材を積極的に確保することが重要です。

***

今回は、離職防止に役立つ福利厚生サービスを3つご紹介しました。人材確保のために各企業がユニークな福利厚生サービスを導入しています。人材採用の市場で戦うためには、応募者にアピールできる強みが不可欠です。

そんな中で、給与相当額ペイメントシステムは導入コストが少なく、取り入れやすい福利厚生サービスとなっています。離職防止対策として導入を検討されている企業様は、どうぞお気軽に「ADVASA」までお問い合わせください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ