ENG

コラム

給与前払いシステムとは?知っておきたい基礎知識

給与前払いシステムとは

働き手からのニーズが高まっている「給与前払いシステム」とは、一体どのようなシステムなのでしょうか? こちらでは、給与前払いシステムの特徴や仕組み、利用の流れをはじめとした、基礎知識をご紹介していきます。今後、給与前払いシステムを導入するうえでぜひ参考にしてみてください。

給与前払いシステムの仕組み

多様な働き方に注目が集まる昨今、給与の支払い方法にも多様性が生まれています。「給与前払いシステム」とは、従業員が給料日以前に勤務した実績に基づいて、次回に支払われる予定の給与のなかから、給与相当額を前払いするための仕組みのことです。特に従業員側からのニーズが高いシステムとして注目を集めています。

給与前払いシステムでは、システムの提供会社が従業員のタイムカードの情報から勤務実績の情報を取得します。そして、従業員が働いた実績に応じて給与相当額が計算されます。通常では給料日にならなければ給与を受け取れませんが、システムを通じて働いた分だけ給与の前払いができるようになるという仕組みです。

給料日が来ると、すでに従業員が前払いシステムで利用している分の金額を差し引いたうえで、残りの給与が支払われます。給与前払いシステムを利用するとき、システムの提供会社に対する手数料が発生しますが、この金額を負担するのは給与の前払いを受けた従業員本人です。企業に対しては基本的に手数料が発生しません。

前払いシステムを利用するときの流れ

給与前払いシステムを利用するときには、どのような手順が必要なのでしょうか? ここでは、実際に給与前払いシステムを導入した場合の利用の流れについて、企業側と従業員側それぞれの視点からご紹介していきます。

企業側の手順
まずは、給与前払いシステムを利用する導入企業が従業員情報の登録を行います。一括登録を済ませた後は、必要に応じて従業員情報の新規追加が可能です。 準備ができたら、システムの提供会社が従業員の勤怠データを自動で取り込みます。導入企業が負担する作業は特に発生せず、運用にコストがかかりません。 導入企業がシステムの提供会社から控除データを取り込むと、従業員の利用状況に応じて控除金額が給与に反映されて、自動的に控除が行われます。
従業員側の手順
まずは、給与前払いシステムを利用する従業員が、専用サイトから簡単な初回登録を行います。その後は、働いた日数に応じて利用可能額が算出されます。
給料日前に給与の前払いを希望するときは、専用サイトから振込申請を行います。その後、指定した銀行口座に給与相当額の一部が振り込まれます。このとき社内で申請を行う必要はなく、上長への報告義務などもありません。
給料日当日になると、給与の前払いを利用した金額が控除された状態で給与が振り込まれます。専用サイトからは振込の利用明細も確認可能です。

給与前払いシステムの種類

給与前払いシステムには、主に「立替え型」と「デポジット型」の2種類があります。それぞれの特徴を踏まえて、自社に適したサービスをお選びください。ここでは、給与前払いシステムの種類をご紹介していきます。

立替え型
立替え型の給与前払いシステムでは、システムの提供会社が従業員の前払い分の給与を立て替えて支払いを行います。利用した従業員の手数料負担が高くなるケースが多いため、導入に際してやや注意が必要です。
デポジット型
デポジット型の給与前払いシステムでは、導入企業が「準備金」を用意したうえで、システムを経由して従業員に随時支払いを行うのが特徴です。

ADVASAを導入すれば給与相当額の随時支払いが可能に!

今後、給与前払いシステムを導入するときには、どのサービスを選ぶべきでしょうか? そんな企業様には、従来の給与前払いシステムとは異なる、給与相当額随時支払いの新しいシステムである「ADVASA」をおすすめいたします。
福利厚生ペイメントシステムの「ADVASA」は、導入企業様の勤怠管理システムと連動することで、働いた分の給与相当額を受け取れる仕組みとなっています。

万が一、従業員に事情があり給料日以前にお金が必要となったとき、「ADVASA」を通して働いた分に相当する資金を受け取ることができます。導入企業様に負担が少なく、従業員の方にとって使い勝手が良いことから、福利厚生として導入する事例が増えているサービスです。
昨今、従業員の方が安心して働ける環境を整える目的から、前払いシステムの需要が高まっています。そんななかでも「ADVASA」は、導入費用や運用費用が無料なのが特徴です。全自動化されたシステムで、導入後の業務負担を抑えたうえで、新しい福利厚生を提供できるようになります。

***

今回は、給与前払いシステムの基礎知識についてご紹介しました。給与前払いシステムを導入すれば、従業員が働いた実績に基づいて給与相当額の前払いができるようになります。特に「ADVASA」は福利厚生として多くの企業様からご利用いただいているシステムです。今後、給与前払いシステムの導入を検討されている企業様は、ぜひ「ADVASA」までお問い合わせください。

記事一覧次の記事へ