ENG

コラム

給与の前払いは企業側にどのようなメリットがあるの?

給与の前払いにおける企業側のメリット

給与前払いシステムを導入すると、企業側には具体的にどのようなメリットが期待できるのでしょうか? 一見するとシステムを利用する従業員側には利便性があるように見えますが、実は企業側にもきちんとメリットがあるのです。今回は、給与前払いシステムを導入する企業が得られるメリットについてご紹介します。

【メリット1】人材採用で求人応募数の増加が期待できる

少子高齢化により、国内では今後ますます働き手の不足が懸念されています。そんな中で、自社の将来を担う人材をどのように確保するかが、多くの企業の課題となっている状況です。人材採用における売り手市場が続いて企業間の競争が激化すれば、働き手から選ばれるためのアピールは急務といえるでしょう。

そこで注目したいのが、現代の働き手が抱えているニーズです。各種求人情報サイトでは、日払いや週払いが可能な求人情報の人気が高い状況にあります。実は、給与の前払いが可能な求人を探している求職者は少なくありません。この需要に応えられる労働環境を整えられれば、より有利に人材募集ができるといえるでしょう。

アルバイトやパートの従業員を募集するにあたり、事前に給与の前払いへ対応できるようにしておけば、働き手のニーズと合致することで従来よりも求人応募数の増加が期待できます。このように、導入によって人材確保をより強化できるのも、給与前払いシステムを導入するメリットのひとつといえます。

【メリット2】離職防止につながる

コストをかけて採用した従業員の離職は、企業にとってたいへん大きな損失となります。従業員1人あたりの採用には、求人情報サイトに支払う広告費や、面接を担当した従業員の時給など、多くのコストがかかっています。それだけでなく、入社後の研修にかかる費用や、教育に携わる従業員の負担などのコストも発生するでしょう。

従業員が離職する原因のひとつとして、仕事の掛け持ちや副業が挙げられます。従業員の私生活で予期せぬ大きな出費が生じたとき、現在の仕事とは別に日雇いの仕事などを始めて対応するケースが少なくないようです。その結果、別の仕事の都合で現在の仕事のシフトを調整しにくくなり、離職を迫られることになります。

生活に必要な分だけ給与の前払いを利用できれば、仕事の掛け持ちを検討せずに済む場合があります。さらには、必要なときに給与の前払いを利用できる環境を整えておくと、会社への不満を減らすことにもつながります。離職率を下げるという観点からも、給与前払いシステムを導入すると多くのメリットが期待できるのです。

【メリット3】福利厚生を増やせる

従業員が働きやすい環境を整えるのは、企業としての大切な役割のひとつです。昨今では、働きやすさを重視して就職する企業を選ぶ求職者が多く、人材採用において福利厚生が注目される機会が増えてきました。福利厚生は従業員を大切にしていることをアピールできるポイントであるため、できるだけ充実させておくのが理想です。

しかし、一般的な福利厚生は企業側が負担するコストが大きいことから、なかなか導入に踏み切れないケースが多くあります。それに対して、給与前払いシステムは数ある福利厚生の中でも、企業側の導入の負担がほとんどないのが特徴です。できるだけ少ないコストで福利厚生を増やしたいというニーズにも応えられます。

各企業でどのような福利厚生が導入されているか、求職者たちは多くの職場を比較しています。福利厚生として給与前払いを導入すれば、ほかの企業との差別化をはかるために役立つでしょう。実際に働く従業員にとって、自分の働いた実績に応じて相当額を引き出せるのは、自由度が高まることから大きなメリットになるのです。

【メリット4】従業員を金銭トラブルから守る

冠婚葬祭をはじめとしたライフイベントの中には、ある日突然にまとまったお金が必要となるものがあります。万が一、私生活で予期せぬ出費が発生して、給料日前に支払いを求められたとしたら、貯金のない従業員の選択肢は限られてきます。一般的には、キャッシングを利用したり、知人からお金を借りたりすることになるでしょう。

キャッシングは自分の給与の金額以上のお金を引き出せることから、借りすぎによる破産などの金銭的なリスクがあります。また、知り合いからお金を借りる行為によって人間関係のトラブルに巻き込まれるリスクも考えられるでしょう。従業員をこれらの金銭トラブルから守るために、給与の前払いが活用できます。

給与の前払いでは、従業員が働いた実績に応じて、次に支払われる予定の給与のうちから、不足した分だけ相当額を引き出すことができます。大切な従業員が金銭的なトラブルや人間関係のトラブルに巻き込まれるのを防ぐためにも、前払いシステムを導入するメリットがあるといえるでしょう。

***

今回は、給与前払いシステムを導入するメリットについてご紹介しました。給与相当額の随時払いシステムである「ADVASA」は、福利厚生の一環として取り入れていただけるペイメントシステムです。導入や運用の負担が少なく、企業様に多くのメリットが期待できます。今後、給与の前払いを導入する予定の企業様は、どうぞお気軽に「ADVASA」にお問い合わせください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ