ENG

コラム

注目されている給与日払いシステムの仕組みについて

注目されている給与日払いシステムの仕組み

求職者から人気のキーワードとして注目を集めている「給与日払い」。自社に新たな制度として取り入れる際には、専用のシステムの導入が不可欠です。今回は、そんな給与日払いシステムの仕組みや、導入の流れについてご紹介します。

給与日払いシステムの仕組み

昨今では、求職者の間で給与日払いに対応できる企業へのニーズが高まりつつあります。そのため、給与日払いシステムを導入する企業が少しずつ増えてきています。

給与日払いシステムとは、従業員が働いた分の実績に応じて、相当額を日払いで受け取れるというもの。導入すると、これまでに会社から指定された給料日にまとめて受け取っていた給与を、日毎に働いた分だけ引き出せるようになります。

一般的な給与日払いシステムでは、まず従業員が申請した金額分をシステムの提供会社が立て替えて支払います。そして、給料日に企業からシステムの提供会社に立て替え分を支払うという仕組みです。このとき、従業員は利用額を差し引いた残りの給与を受け取ります。システムの利用にかかる手数料は日払いを利用した従業員が支払うため、企業側には手数料や利用料などが発生しないことがほとんどです。

給与日払いシステムは、従業員の私生活で給料日前に出費が重なった場合など、金銭面でのやり繰りが難しい状況に陥ったときに、それを解決する手立てになると考えられています。自分が働いた分の給与を日払いで受け取るという選択肢があれば、従業員が金銭トラブルに巻き込まれるリスクを下げることにつながります。

「日払い」と「前借り」の違い

給与の日払いについて、よく混同されやすいものに「前借り」があります。しかし、給与の「日払い」と「前借り」はまったく性質の異なるものです。給与の日払いを導入する際は両者の違いについて理解しておく必要があります。

まず「日払い」とは、従業員の勤務状況に基づいて、すでに働いた分に相当する金額を給料日前に受け取ることです。給料日前に給与を受け取りますが、あくまで受け取れるのは従業員がすでに働いた分のみ。企業側はまだ働いていない分の給与を支払うリスクがなく、従業員側は心理的な負担が軽減されるのが特徴です。

それに対して「前借り」とは、従業員がまだ勤務していない分の給与まで含めて、給料日前に受け取ることです。従業員は働いていない日の給与を借入れしている状態になるため、心理的な負担がより大きくなります。なお、前借りした金額を給与と相殺することは法律で禁じられているため注意が必要です。

給与日払いシステムの仕組みは、前者の「日払い」にあたります。勤怠システムから取得した従業員の勤務状況に基づいて、自分が働いた分だけを受け取れるのが日払いシステムの仕組みです。「前借り」とは異なる点を理解しておきましょう。

日払いの給与が支払われるタイミング

給与の日払いシステムは各社から提供されていますが、サービスによってはその日のうちに給与が受け取れるとは限りません。日払いシステムによって給与を受け取れるタイミングが異なるため、導入の際は利用する従業員にとっての利便性を考慮したうえでシステムを選ぶのが望ましいといえます。

たとえば、働いた分だけ日払いができたとしても、即日の受け取りができない場合には注意しましょう。従業員が日払いシステムを利用する状況では、時間にそれほど余裕がないと考えられます。受け取りまでに数日から1週間といった期間があると、できるだけ早く手元に現金が必要な従業員にとって、不満につながりかねません。

利用者の立場に立って考えると、即日入金に対応している日払いシステムを導入するのが理想です。従業員のために導入する給与日払いシステムは、使い勝手を考慮したうえで選択しましょう。

給与日払いシステムを導入するには

日払いシステムを導入する際には、まず自社に合うサービス提供会社を選んでから、勤怠システムとの連携をはじめとした運用環境について確認します。

問題がなければ契約へと進み、その後は実際に導入の作業へと移ります。日払いシステムに従業員の情報を登録して、利用環境を整えていきます。試験的に運用を始めて問題がなければ、本格的に運用が始まるという流れです。

運用開始後、社内のスタッフの業務負担が大幅に増える心配はありません。勤怠システムと日払いシステムを連携させることで、前払い申請した分の金額を給与の全額から自動的に差し引き、給料日には差分が給与として振り込まれるようになります。

給与日払いシステムとは一部の仕組みが異なりますが、福利厚生ペイメントシステムの「ADVASA」では、給与相当額の随時払いが可能です。即日入金にも対応しており、従業員の方の使い勝手を大切にしています。給与の日払いや前払いシステムの導入を検討されている企業様は、ぜひ「ADVASA」にお問い合わせください。

***

給与の日払いは、いわゆる給与の前借りとは異なる仕組みで行われています。働いた実績に応じて給料日前に相当額を受け取れることで、働き方への考えが大きく変わる可能性のあるシステムです。給与相当額の随時払いシステムを導入する際は、ぜひ「ADVASA」をご利用ください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ