ENG

コラム

給与日払いが可能な求人の需要が高まっている理由

給与日払いが可能な求人の需要が高まっている

求人情報サイトなどで「日払い可能」をアピールする企業が増えつつあります。このように給与の日払いが可能な求人には、どうして需要が高まっているのでしょうか。今回は、給与日払いが増えている背景についてお伝えします。

人材採用で他社との差別化を図る企業が増えた

少子高齢化により国内が慢性的な人手不足に陥った結果、多くの企業が人材採用において困難な状況に置かれています。就職活動は売り手市場であり、人材を確保するためには求職者から選ばれる企業になることが求められています。

現在でも各企業が魅力的な労働条件をアピールしており、人材を獲得するための競争は今後も激化していくことが予想されています。そんな中、他社の求人情報との差別化をはかるために、「日払い可能」という条件を揃える企業が増えているようです。

アルバイトやパートの従業員からニーズの高い「日払い可能」というキーワードは、求人情報サイトでも検索数が非常に多いことで知られています。日払い制度は福利厚生としても注目を集めており、従業員の満足度の向上に役立つと考えられています。

給与の日払いは、導入してから求人応募数が倍以上に増えたという事例があるほど、注目度が高まっている制度です。さらには、従業員の満足度の向上が離職率の低下につながった事例もあり、人材確保に有効な手段のひとつと捉えられています。

柔軟な給与の支払い方法が求められている

世の中の変化のスピードが速い昨今では、給与の支払い方法にも大きな変化が生じている時期です。従来は企業で定められた毎月一度の給料日に支払われていた給与が、より柔軟に支払われる形へと変わっていく可能性があります。

働き方改革が実施されたことで、多様な働き方への理解が進んできました。時間や場所に縛られないテレワークや副業の解禁など、すでに多くの企業で新たな取り組みが始まっています。給与の支払い方法にも、今後の変化が期待されている状況です。

特に、若年層の求職者は必ずしも月給制で働く必要はないと考える場合があり、そんな求職者のニーズとマッチするような給料制度が求められています。働き方の柔軟性と同様に、給与の支払い方法にも柔軟性が求められるようになるでしょう。

給与の日払いができるようになると、従業員は自分が働いた分だけ相当額を引き出せるという、新たな選択肢を得られるようになります。日々の働きが着実に給与となることを実感できることで、やりがいを感じられるようになるケースもあるようです。

日払いならではのメリットに注目が集まってきた

給与を日払いで受け取れることで、従業員が得られるメリットは多くあります。たとえば、新卒入社した従業員に最初の給与が支払われるのは、翌月の給料日となります。それまでは通常よりも少額の給与で生活をやり繰りしなければなりません。

また、研修期間などがあった場合、従業員に安定した収入が入るまでには、数カ月間がかかることもあるようです。そんなとき、すでに働いた分の給与を受け取れる日払いの制度があれば、給料日前に必要な資金を引き出せます。

さらには、社会人になると冠婚葬祭などの出費が増え、働き始めの若年層の負担となるケースがよくあります。特に結婚式は20~30代に集中しやすく、一度の出席で多額の出費が発生するため、経済的な負担となりやすいイベントです。

そんなとき、自分が働いた実績に応じて相当額を受け取れる日払いを利用できれば、家計のやり繰りがしやすくなるでしょう。心理的な負担が少ない状態でお祝いごとなどのライフイベントに対応できるようになります。

給与相当額の随時支払いができるADVASAは福利厚生に最適

新たな給与の支払い方法として、さまざまな観点から注目を集めている日払いシステム。そんな日払いシステムを導入するなら、従来の日払いシステムとはやや仕組みが異なる、給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」の導入をおすすめします。

福利厚生ペイメントシステム「ADVASA」は、従業員が働いた実績に応じて、給与相当額が随時受け取れるのが特徴です。厳密には日払いシステムとは異なりますが、自分がこれまでに働いた分の、相当額を受け取れるようになります。

「ADVASA」を導入することで、人材採用における応募者の増加が期待できます。また、従業員の満足度を高めることで、企業の離職率の低下にもつながります。福利厚生の一環として導入される事例が多数あるためご安心ください。

一人ひとりの従業員が職場に長く定着することは、人材採用のコストを下げることにつながります。企業にとっても従業員にとっても多くのメリットが期待できるシステムです。ぜひ導入を検討してみてください。

***

社会の変化により、給与の支払い方法にも柔軟性が求められています。福利厚生ペイメントシステムの「ADVASA」を導入すれば、企業様のコストが無料で給与相当額の随時払いを利用できます。今後、給与の日払いを導入予定の企業様は、ぜひ「ADVASA」にお問い合わせください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ