ENG

コラム

従業員の離職防止へ向けて企業ができる対策とは?

従業員の離職防止へ向けて企業ができる対策

若手従業員の早期退職は、企業の将来を左右する大きな問題といえます。従業員がなかなか定着しないとき、企業ではどのような離職防止の取り組みを行うべきでしょうか?今回は、従業員の離職防止のための対策についてお伝えします。

従業員が早期離職することの問題点

新卒採用で入社した従業員が早期退職するケースをはじめとして、コストをかけて採用した人材の流出が、企業にとって大きな負担となっています。労働環境や人間関係などの問題から転職を考えている従業員が、自社にもいるかもしれません。

従業員が早期退職すると、採用コストはもちろんのこと、人材育成コストを無駄にすることにつながります。また、従業員が入社するにあたり必要な、各種事務手続きにかかる人件費などのコストも決して少なくありません。

さらには、早期退職が重なることでクライアントの負担となる場合もあり、自社の信用を失うことにもつながりかねません。教育に携わる立場の従業員は人材育成のモチベーションを失い、新人教育の質が低下するおそれもあります。

離職防止へ向けた対策

企業にとって大きな損失となる早期離職を防止するために、有効とされている対策をご紹介します。ぜひ導入を検討してみてください。

社内コミュニケーションを充実させる

社内のコミュニケーション不足によって、従業員の帰属意識が低くなると、早期離職のハードルが低くなりやすいといえます。日頃から従業員同士の交流が不足している傾向にある職場には、コミュニケーションの活性化が求められます。

たとえば、社内イベントは従業員が楽しみながら交流の機会を増やせる取り組みです。レクリエーションでは、部署や役職といった垣根を越えた交流のきっかけが生まれます。趣味を通して交流ができる部活動やクラブ活動もおすすめです。

また、昨今では社内SNSでオンラインでのコミュニケーションを充実させる取り組みも始まっています。対面では伝えにくいことを、SNSを活用して無理なく伝えられる例もあり、新しいコミュニケーション手段として注目されています。

待遇や福利厚生を改善させる

これまでの従業員の待遇や福利厚生を見直し、改善をはかります。たとえば、従業員の基本給や時給などの待遇を改善するのは、より即効性が期待できる対策です。現在の評価が適当であるかどうか、見直しを行いましょう。

また、福利厚生を充実させるのも従業員の満足度を高めるために有効です。働きやすい環境を整えることが、従業員を長期間にわたり確保することにつながります。昨今では、企業側の負担が少ない福利厚生として、前払いシステムの導入が注目されています。

前払いシステムとは、従業員が働いた実績に応じて、給与相当額を受け取れるシステムのことです。従業員は給料日前に給料に相当する金額を引き出せるため、急な出費などに対応しやすくなり、より生活しやすくなります。

社員のスキルアップをサポートする

同じ職場で同じ仕事に従事し続けると、成長が停滞しているように感じられ、不安が生じる場合があります。そんなとき、企業側が社員のスキルアップをサポートする仕組みを用意できれば、従業員が自らの成長を実感できるようになるでしょう。

従業員をスキルアップさせるために、定期的に社内研修を開催しましょう。能力開発のためには、社内に研修講師を招いたり、社外で行われる研修に参加させたりする方法があります。従業員のレベルに合わせて研修の難易度を調整してください。

また、優秀な従業員を定着させるためには、キャリアデザインのサポートを行うことが大切です。今後どのようなキャリアを目指すのか、そのためにはどのような資格を取得するべきかなど、成長のプロセスを支援する機会を用意しましょう。

離職防止に随時支払いシステムが有効

給与を日払いで受け取れることで、従業員が得られるメリットは多くあります。たとえば、新卒入社した従業員に最初の給与が支払われるのは、翌月の給料日となります。それまでは通常よりも少額の給与で生活をやり繰りしなければなりません。

また、研修期間などがあった場合、従業員に安定した収入が入るまでには、数カ月間がかかることもあるようです。そんなとき、すでに働いた分の給与を受け取れる日払いの制度があれば、給料日前に必要な資金を引き出せます。

さらには、社会人になると冠婚葬祭などの出費が増え、働き始めの若年層の負担となるケースがよくあります。特に結婚式は20~30代に集中しやすく、一度の出席で多額の出費が発生するため、経済的な負担となりやすいイベントです。

そんなとき、自分が働いた実績に応じて相当額を受け取れる日払いを利用できれば、家計のやり繰りがしやすくなるでしょう。心理的な負担が少ない状態でお祝いごとなどのライフイベントに対応できるようになります。

給与相当額の随時支払いができるADVASAは福利厚生に最適

福利厚生ペイメントシステム「ADVASA」が提供する給与相当額の随時払いシステムは、離職対策の一環としてすでに多くの企業様にご導入いただいています。従業員の方の満足度を高める効果が期待でき、少ない負担で導入できるのが特徴です。

「ADVASA」を導入すれば、給与支給方法の変更や事務作業の負担などの手間がなく、給与相当額の随時払いができるようになります。従業員の方のご要望に応じて、働いた実績に応じた相当額を随時支給できる環境を整えられます。

働いた分の給与相当額をいつでも受け取れるようになると、自分の努力が“見える化”されることで、従業員の方の働く意欲がわきやすくなる場合があります。離職の原因となりうる副業や仕事の掛け持ちをせずに、必要な資金を用意可能です。

***

多くの企業が従業員の早期離職で問題を抱えています。そんな中、離職防止へ向けて積極的に対策を取り入れていくことが求められるといえるでしょう。福利厚生ペイメントシステムの「ADVASA」は、従業員の方の満足度を高めて、資金繰りをサポートできるのが特徴です。離職防止のために新たな福利厚生の導入を検討している企業様は、ぜひ「ADVASA」までご相談ください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ