ENG

コラム

給与の前払いは従業員のプライバシーへの配慮が必要

給与の前払いは従業員のプライバシーへの配慮が必要

給与前払いシステムは、導入後の使い勝手まで考慮して選ぶことが大切です。特に、利用者である従業員の心理を理解し、プライバシーに配慮したシステムを選ぶことが、健全な運用を支えるポイントです。今回は、給与前払いシステムと従業員のプライバシーの関係についてお伝えしていきます。

給与の前払いで周囲に事情を知られるリスク

従業員からのニーズが高い給与前払いシステムですが、導入にあたり注意しておきたいことがあります。それは、従業員のプライバシーの問題です。
企業側としては、新たにシステムを導入するからには、従業員から気軽に利用してもらえるのが理想といえます。その一方で、利用者である従業員は、利用状況を企業側に知られたくないという心境にあるかもしれません。

たとえば、同僚に知られたくない事情で給与前払いを利用する従業員は、システムを利用することで周囲に知られて噂をされるのではないかと、不安を抱いているかもしれません。また、直属の上司などの上長に相談することなく、秘密裏に制度を利用したいと考えている従業員も少なくないでしょう。

さらに、給与前払いシステムに潜在的なニーズを抱えているものの、周囲にお金の事情を相談できずにいる従業員もいるはずです。次の給与が振り込まれるまでの生活資金に余裕がなく、人知れず消費者金融の利用を検討しているかもしれません。

このような従業員のニーズに応えるために、給与前払いシステムを導入する際は、プライバシーへの配慮が欠かせません。従業員の秘密を必ず守り、安心して使えるシステムであることを、事前にアナウンスできるようにしておきましょう。

従業員のプライバシーを守るためにできること

給与前払いの制度を整えることは、あらゆる従業員の生活の事情に寄り添う「福利厚生」につながります。しかし、単に給与前払いの制度を用意しただけでは、利用者である従業員にとって、本当に使い勝手が良いとは言えないかもしれません。

たとえば、給与前払いの申請をどのように行うかという問題があります。従業員が社内の上長や経理部門に申請する形式の給与前払いは、プライバシーの問題から心理的ハードルが高くなるといえるでしょう。なぜならば、多くの従業員は周囲に前払いを利用した事実や、利用背景にある事情を知られたくないと考えるからです。

このように、社内で管理することでプライバシーの問題が発生する場合は、アウトソーシングにより外部業者に委託することで、従業員の心理的ハードルを下げられる可能性があります。給与相当額の随時払いシステムである「ADVASA」なら、上長や経理部門への申請をせずに、従業員の判断だけで利用可能です。
給与前払いシステムを導入する際は、利用者である従業員の方へ向けて、制度の仕組みやプライバシーについて説明しておくことをおすすめします。

ADVASAの導入で従業員が得られるメリット

給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」は、利用者のプライバシーに配慮して、安心して使えるように設計されたサービスです。ここでは、導入によってどのようなメリットが得られるかをご紹介します。

まず、従業員が給与相当額の随時払いを利用できるようになると、冠婚葬祭をはじめとした急な出費にも対応できるようになります。さまざまな事情から貯蓄が不足しがちな従業員に、いざという時のセーフティーネットを用意できます。

一時的な出費で困窮した従業員が、「借金」をしなくて済むようになるのもメリットのひとつです。給与前払いシステムは、従業員が働いた実績に応じて相当額を引き出せる仕組みであるため、借金とは根本的に異なります。心理的な負担が大きい消費者金融などの利用を避け、健全な家計をサポートするために役立てられます。
また、ADVASAは社内での申請や承認の必要がありません。あくまで従業員が自分の判断でサービスを利用できることから、プライバシーが守られています。秘密にしておきたい事情があっても、安心して利用できるのです。

従業員の家計の健全化をサポートしよう

金融広報中央委員会の調査によれば、20代の単身世帯では6割を超える方が貯蓄のない状態で生計を立てているようです。
若手の従業員は、未来の社会や企業を支えていく大切な存在といえます。そんな従業員の家計を健全化するために、給与相当額の随時払いを福利厚生として導入する企業が増えつつあります。

給与相当額の随時払いシステムは、従業員の離職防止につながることもあります。突然の出費があっても借金をせずに生活ができる、日雇いの仕事を始めなくても同じ職場で働き続けられる、といった形で家計をサポートできるためです。

一人の従業員ができるだけ長く働き続けられれば、企業のメリットにもつながります。ADVASAを活用して従業員の家計の健全化をサポートしましょう。

***

従業員にも企業にもメリットがある給与前払いの制度。しかし、従業員のプライバシーに配慮が足りない制度は、利用者の本当のニーズを満たせない可能性があります。導入を検討している場合、従業員の事情に理解を示すとともに、プライバシーに配慮されたシステムを利用しましょう。

前の記事へ記事一覧次の記事へ