ENG

コラム

給与「日払いシステム」と「随時払いシステム」の違い

給与「日払いシステム」と「随時払いシステム」の違い

「給料日前に働いた分の給与を受け取りたい」というニーズを抱える従業員が多く、各種ペイメントシステムを導入する企業が増えてきています。ところで、給与「日払いシステム」と「随時払いシステム」には、どのような違いがあるのでしょうか?

こちらでは、一般的な「日払いシステム」と、ADVASAに代表される「随時払いシステム」の違いをご紹介していきます。従業員が便利に利用できるシステムを導入するために、ぜひ参考にしてみてください。

給与日払いシステムとは

給与日払いシステムとは、働いた日数分の給与を、従業員の要望にしたがって、給料日前に支払う仕組みのことです。基本的には1日単位で働いた分の給与を支払うことができます。ただし、働いていない日数分の給与は引き出すことができません。日払いが可能なのは、あくまですでに働いた日数分の給与のみとなります。

各種求人情報サイトでは、「日払い」というキーワードで検索する求職者が多く、アルバイトやパートを中心としてニーズが高い傾向にあります。これにともない、日払いが可能な求人情報が増えつつある状況です。新たに制度を整えて給与日払いに対応することで、求人応募率の向上を実現した企業の事例もあります。

ただし、中には「日払い」をうたいながら、実際の支払いが翌日以降の対応となる例もあるようです。このような認識の違いは、従業員とのトラブルにつながりやすい部分といえます。日払いの制度を導入する場合、即日支払いに対応するなど、従業員からの期待に応えられる仕組みを整えておく必要があるでしょう。

給与相当額の随時払いシステムとは

給与相当額の随時払いシステムとは、従業員の要望にしたがって、給与相当額の一部を給料日前に支払う仕組みのことです。ただし、働いていない分の給与を引き出すことはできません。あくまですでに働いた実績に応じて、相当額を引き出すことができます。「ADVASA」は給与相当額の随時払いシステムに分類されます。

給与相当額の随時払いシステムは、1回あたりの利用金額が5,000~10,000円程度です。基本的に日数分で支払われる日払いとは異なり、必要な分だけを出金する少額利用が多い傾向にあります。従業員の経済状況に合わせて利用しやすく、健全な資金繰りのサポートができるようになるのが特徴です。

随時払いは日払いと異なる制度であり、一部の従業員が要望したときのみ、必要な分だけ支払いが行われます。「ADVASA」のような給与相当額の随時払いシステムを導入すれば、企業側での支払い対応が不要となり、さらには即日振り込みにも対応できるようになります。利便性の大幅な向上が期待できるでしょう。

随時払いシステムなら利用上限金額を設定できる!

給与相当額の随時払いシステムは、従業員の健全な資金繰りをサポートするための制度であり、使いすぎを防ぐための仕組みが整っています。前払いの導入によって従業員の金銭感覚への影響が懸念される場合には、あらかじめシステム側で上限金額を決めて対応することで、リスクヘッジが可能です。

「ADVASA」では、企業様のご要望に従って、1日あたりまたは1カ月あたりの利用上限金額を設定していただけます。ご利用シーンを想定しながら、ご希望の上限額をお申し付けください。使い過ぎ予防のカスタマイズができるため、「従業員の健全な金銭感覚を守りたい」という企業様のニーズにもマッチします。

なお、給与相当額の随時払いシステムは、給与相当額を給料日以前に出金する仕組みであるため、いわゆる「借金」とは根本的に異なるものです。同様に、「前借り」ともまったく異なります。自分が働いた分のお金を必要に応じて使うという意識を持たせることで、従業員の金銭感覚の健全化を促すことにもつながります。

ADVASAの随時払いシステム

給与相当額の随時払いシステムを選ぶなら「ADVASA」がおすすめです。導入準備から運用後のサポートまで、企業様のスムーズな運用をサポートいたします。システムの構築費用はすべて「ADVASA」側が負担するため、企業様に負担していただく必要はございません。コストをかけずに随時払いを導入していただけます。

また、「ADVASA」は勤怠管理システムと連携して自動でデータを取得する仕組みがあるため、随時払いを導入しても社内の業務負担が大幅に増える心配がございません。万が一、運用後にお問い合わせの必要が生じたときは、専用のコールセンターをご利用ください。これらのサポートも無料で承っております。

給与相当額随時払いシステムの導入は、求人応募数の増加や離職率の低下など、企業様のメリットにつながることがあります。少ない導入コストで人材採用のメリットを得ることができ、さらには従業員の方の利便性が高まります。ライフスタイルに合わせて柔軟に利用できる随時払いの導入を、ぜひご検討ください。

***

給与日払いとは、働いた日数分の給与を給料日前に引き出せる仕組みのことです。それに対して、随時払いでは働いた実績に応じて、必要な金額を柔軟に引き出せます。従業員の利用金額の傾向などが異なるため、ぜひ比較したうえで導入をご検討ください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ