ENG

コラム

現場の人材不足対策!給与前払いで求職者のニーズに応えよう

現場の人材不足対策!給与前払いで求職者のニーズに応えよう

建設業界では現場の人手不足が課題となっています。業界の高齢化対策として、若手人材へのアピールが急務といえるでしょう。
ここでは、建設業界の現場の働き手を確保するために、人材採用のヒントをお伝えしていきます。

人手不足が課題の建設業界

少子高齢社会の到来により、各業界で人手不足の影響がみられはじめ、働き手の確保に難航する企業が増えつつあります。そんななか、新しい働き手として注目を集めているのが、出産や育児を経て仕事に復帰する主婦層です。

私たちの暮らしを根底から支えている建設業界。社会に欠かせない大切な仕事であるにもかかわらず、現場は人手不足の状況に陥っています。特に、近年では若手人材の確保が難しいといわれ、業界全体で高齢化が進行しているのが課題です。

国土交通省の資料「建設業就業者の現状」によれば、建設業界の就業者数は2017年の時点で約498万人いることがわかっています。一方で、1997年の就業者数は約685万人でした。過去20年間で就業者数が約187万人も減少しているのです。

同年の調査では、建設業界の就業者のうち55歳以上の就業者の割合は34.1%、29歳以下の就業者の割合は11.0%となっています。全産業では55歳以上が29.7%、29歳以下が16.1%であることから、比較すると建設業界の高齢化の現状が伺えます。

このように人手不足や高齢化が進行すると、各企業の人材採用が困難を極めるのはもちろんのこと、業界全体では職人による技術の継承への影響が懸念されます。若手人材の確保のために、各企業にも対策が求められている状況といえるでしょう。

国土交通省「建設業就業者の現状」

現場の人手不足の原因と対策

建設業界の人手不足の原因として、イメージの悪化が挙げられます。多くの業界で待遇や福利厚生など労働環境が見直されつつある昨今、働きやすさを実感しにくい印象のある建設業界は、若手人材から避けられる傾向にあるのです。

また、仕事と人材の需給バランスの悪化も原因といえます。リーマンショックの直後、建設業界の仕事は激減しました。近年は景気が回復して需要が拡大したものの、その当時に業界を離れた人材が戻ってこないという背景もあります。

このような人手不足の対策として、建設業界全体で待遇改善やイメージアップの取り組みが行われています。たとえば待遇改善については、給与の見直しだけでなく、福利厚生の充実も視野に入れた対策がとられているようです。

そこで、人材採用における応募者数の増加や、従業員の定着率の向上につながるといわれ、「給与前払いシステム」が注目を集めています。給与前払いシステムは、福利厚生の一環として、建設業界でも導入企業が多くなっています。

給与前払いシステムを導入するメリット

給与前払いシステムとは、従業員が給料日の前に給与相当額を受け取れる仕組みのことです。従来の給与支払いの仕組みでは、給料日にしか受け取ることのできなかった給与相当額を、導入により従業員のタイミングで引き出せるようになります。

給与前払いシステムを導入すると、従業員は突然の出費に対応しやすくなり、生活が安定します。ほかの仕事を掛け持ちしたり、金融機関から融資を受けたりすることなく、自分が働いた分の給与を利用できるようになるのです。

一般的な福利厚生は、企業側の負担が大きいことから、導入のハードルの高さが課題となっています。その一方で、給与前払いシステムは福利厚生の一環として、コストをかけずに導入可能です。サービスによっては無料で導入できる場合もあります。

給与前払いシステムは、導入企業側にもメリットが期待できます。求人情報サイトで人気の高い「給与前払い」に対応することで、求人応募数の増加が期待できるためです。現場の人手不足への対策としても有効活用できるでしょう。

さらには、従業員が仕事を掛け持ちする必要がなくなるため、定着率の向上も期待できます。すぐにお金が必要なときも、働き慣れた職場でシフトに入ることができるため、従業員側と企業側の両方にメリットがあるのが特徴です。

給与前払いシステムの活用方法と選び方

給与前払いシステムの導入後、求人応募数の増加につなげたいなら、求人情報を発信する際に「前払い可能」をアピールしましょう。前払い可能で検索した求職者からの応募が増え、マッチングしやすくなります。

福利厚生として機能させるために、従業員にとってメリットが大きいシステムを選ぶことも大切です。使い勝手は良いか、利用手数料は適切な料金設定となっているかなど、導入時には利用者の目線に立ちご検討ください。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、企業様と従業員の方の双方にメリットが期待できるシステムです。導入コストは無料。手数料は利用金額にかかわらず一律500円であり、即日振込に対応しているため安心してお使いいただけます。

若年層にも注目されている給与前払いシステム。自社のニーズに合うサービスを比較検討したうえで選び、人材採用にお役立てください。建設業界の福利厚生の一環としても、給与前払いシステムの導入をおすすめします。

***

現場の人手不足が課題の建設業界。若手人材へのアピールのために給与前払いシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。求人募集の応募者の増加や従業員の定着率向上のために、ぜひ「ADVASA」をお役立てください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ