ENG

コラム

外国人労働者を確保するには?新たな働き手を戦力にする重要性

外国人労働者を確保するには?新たな働き手を戦力にする重要性

新たな働き手として注目される外国人労働者。労働力の確保のために多くの企業が人材採用に力を入れ、競争はさらに激化しつつあります。今後、外国人労働者を貴重な戦力として確保するにあたり、企業としてできることを見直してみましょう。

外国人労働者とは

今日も国内で多くの外国人労働者が働いています。今や日本で暮らす外国人は、決して珍しい存在ではありません。そんな外国人労働者は、国内の働き手不足を補う可能性があると見込まれ、企業の人材採用において注目を集めています。

そもそも外国人労働者とは、外国籍の労働者のことを指します。外国人労働者は、「出入国管理及び難民認定法(入管法)」という法律に基づき在留資格を持つ外国人に対して、日本での就労が認められているのが特徴です。

現在、日本は刻々と少子高齢社会へと近づいていることから、将来の労働力の確保が業界を問わず課題となっています。そこで、貴重な労働力として外国人を雇用する動きがみられ始めました。今後その動きはさらに強まるかもしれません。

すでに日本人の労働者だけでは経営を成立させられない企業もあるでしょう。その一方で、外国人労働者の受け入れを懸念する声もあります。言葉の違いや文化の違いを乗り越えて就労してもらうためには、どんな理解が必要なのでしょうか。

以下では、外国人労働者の受け入れにともない、よく挙げられる懸念をご紹介していきます。これからの労働環境の変化に備えて早めに対策をとりましょう。

外国人労働者の受け入れにともなう懸念

まず、外国人労働者の受け入れにともない、日本国内で労働者の賃金が下がるのではないかと懸念されています。主に単純労働に従事する日本人労働者が、外国人労働者に取って代わられると考える向きもあります。今後の動向に注意が必要です。

また、海外から移住してきた外国人労働者は、日本の法律やマナーに明るくない場合が多く、さらには出身国との言語や文化の違いも少なくありません。日本の環境に慣れていないことによる、さまざまなトラブルのリスクもあるでしょう。

このように、外国人労働者の受け入れに際しては、懸念事項もあります。一方で、外国人労働者が貴重な労働力として活躍している職場があるのも事実です。外国人労働者を適切なサポートのもとで働き手として確保し、人材採用を有利に進めましょう。

外国人労働者が就職で直面する困難

外国人労働者が国内で就職する場合、日本人労働者とは異なり、本人がさまざまな困難に直面する可能性があります。今後、企業として外国人労働者の確保を視野に入れるのであれば、以下の問題について理解しておくと安心です。

まず、外国人労働者は言葉の壁によるディスコミュニケーションに陥るおそれがあります。日常生活に必要な会話を難なく日本語で行える程度の語学力があっても、契約に際しての書面でのやり取りは、やや難易度が高いかもしれません。外国語に対応可能な環境が用意されていなければ、不安を感じる場面が多々あるでしょう。

また、銀行口座の開設をはじめとした手続きにおいて、日本ならではの慣習に困惑することもあるはずです。国内で銀行口座を開設するためには、印鑑を用意する必要があります。日本人にとっては身近な存在である印鑑ですが、就職を機に初めて用意する外国人労働者は、入手方法がわからずに戸惑ってしまうことも…。

このように、外国人労働者は就職に際してさまざまな問題に直面すると考えられています。人材採用の競争が激化しつつある今、外国人労働者を新たな働き手として確保するためには、企業側もできることに取り組んでいく必要があるでしょう。

ペイロールカード導入がもたらすメリット

外国人労働者の受け入れに際して、国内でも大きな動きがみられています。代表的な例として挙げられるのが、ペイロールカードの導入です。キャッシュレス化の推進と併せて、主に国内で就職する外国人労働者へのメリットが期待されています。

ペイロールカードとは、デジタルマネーによる給与の振込先として機能する、プリペイドカードのような仕組みのカードのことです。現在、国内ではデジタルマネーによる給与支払い解禁が検討されている状況にあります。

ペイロールカード宛てに給与の振り込みができれば、外国人労働者は就職に際して銀行口座を開設する必要がありません。企業側は、いち早くペイロールカードでの給与支払いに対応することで、外国人労働者の確保が期待できるでしょう。

企業が新しい情報をいち早く知り、前向きに導入することが、将来の働き手の確保につながります。人材不足が叫ばれる今、新たな戦力として外国人労働者を取り入れるなら、彼らを取り巻く労働環境についても理解しておくことをおすすめします。

***

人材不足にともない外国人労働者の重要性が指摘されています。現在、国内ではデジタルマネーによる給与支払いの解禁が検討されていますが、これが外国人労働者の確保につながると期待されているようです。将来の人材確保のためにも、企業は新たな給与支払いの方法を知り、理解しておきましょう。

前の記事へ記事一覧次の記事へ