ENG

コラム

給与前払いサービス導入後の運用工数を削減するポイント

給与前払いサービス導入後の運用工数を削減するポイント

従業員への福利厚生の一環として、給与前払いサービスを導入する企業が多くなりました。すでに数多くのサービスが登場しているなか、一体どのようなポイントで比較検討するべきか、わかりにくい状況ともいえるでしょう。

そこで今回は、給与前払いサービスを長く使い続けることを前提に、「運用工数」についてお伝えしていきます。経理担当者に負担をかけることは、結果としてコストの増加を意味します。運用工数の削減を目指し、導入するサービスをご検討ください。

給与前払いサービスは導入後が肝心

給与の前払いへの関心が高まり、近年では多彩な給与前払いサービスが登場しています。すでに複数のサービスを比較検討されている方も多いのではないでしょうか。

そんな導入前、多くの方が着目するのは、サービスの利用手数料や月額費用などの料金面です。導入に際して必要な設置や連携の手数料も気になるポイントでしょう。また、サービスの知名度や機能性の高さも、比較するうえでの判断材料となります。

一方で、“導入後”まで視野を広げることも大切です。給与前払いサービスの運用を続けるためには、事務手続きを行う担当部署の業務負担についても考慮が必要でしょう。導入後、スタッフの工数がどれだけ増えるかも含めてご検討ください。

運用工数を考慮しなければ、給与前払いサービスの導入後に業務負担が増加し、担当部署の不満にもつながりかねません。長い目でみて判断しましょう。

経理担当者の工数が増えやすいポイント

給与前払いサービスの導入後、経理担当者の工数が増えやすくなるのは、一体どのようなときでしょうか。給与前払いサービスの運用工数についてお伝えします。

勤怠データの提供

給与の前払いでは、利用者である従業員の勤務状況に基づき、給与相当額の支払いを行います。そのため、勤怠管理システムと連携し、従業員の勤怠データを提供する必要があります。どのような形でデータのやり取りが行われるかを必ずご確認ください。このとき、作業のために多くの工数がかからないのが理想といえます。

問い合わせ対応

従業員が給与前払いサービスの使い方やトラブルなどに関する問い合わせをするとき、経理担当者が問い合わせ先となるのは好ましくありません。社内での工数の増加につながるため、コールセンターのように専用の問い合わせ先があると安心です。自社で問い合わせ対応を行わずに済むサービスをお選びください。

育成や研修

給与前払いサービスの運用方法が複雑な場合は、新たな業務フローを浸透させるために、スタッフの育成や研修に工数がかかります。新人スタッフが入社したり、人事異動でスタッフの入れ替えがあったりするたびに、育成や研修に大きな負担がかからないのが理想です。シンプルに運用できる給与前払いサービスをおすすめします。

給与前払いサービスの運用工数を削減するには

それでは、給与前払いサービスの運用工数を削減するには、どのようなポイントで導入するシステムを選べばよいのでしょうか。

まず大切なのは、既存の勤怠管理システムと連携できる給与前払いサービスを選ぶことです。勤怠管理システムを入れ替える必要がなく、連携によりスムーズにデータのやり取りができれば、運用工数が大幅に増える心配がありません。

また、専用コールセンターを完備したサービスを選ぶのもポイントです。コールセンターにはサービスに関する専門知識を持ったスタッフが在籍し、ユーザーの要望に速やかに応えてくれます。従業員にとって快適な利用環境を整えましょう。

さらには、経理担当者の目線に立ち、使い方がシンプルでアフターフォローの充実したサービスをお選びください。複雑な操作が不要であり、かつ導入後の運用に関してサポートを受けられると、日頃の業務での工数を抑えることにつながります。

導入企業様の負担削減をサポートするADVASA

給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」では、企業様の運用工数をできるだけ抑え、導入後も長くお使いいただけるサービスを提供しています。利用者の方が快適にお使いいただけるのはもちろん、担当部署の方の業務負担を抑え、給与前払いの工数削減につなげられるのが「ADVASA」の強みです。

「ADVASA」は勤怠管理システムとの連携が可能です。設置・連携作業は当社が担当し、費用は頂戴いたしません。専用コールセンターを完備しているため、サービスに関するお問い合わせもお任せください。導入後の運用工数まできちんと考慮したうえで選ぶなら、アフターフォローが充実した「ADVASA」がおすすめです。

***

話題の給与前払いサービスを導入するときは、導入後の運用工数までを含めて、長い目でみて比較検討しましょう。特に経理担当者の工数が増えすぎないよう配慮することが大切です。「ADVASA」なら、導入や運用の負担を削減できます。多くのサービスを比較するうえで、ぜひ今回ご紹介したポイントを参考にしてみてください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ