ENG

コラム

給与前払いで求職者にアピールするには?求人募集のポイント

給与前払いで求職者にアピールするには?求人募集のポイント

給与前払いで求職者にアピールするために、求人票の記載方法を工夫しましょう。求職者側の視点に立って記載するだけで、自社の印象が大きく変わります。

今回は、人材採用を有利に進めるために、求人募集で工夫するべきポイントをご紹介していきます。

給与前払いサービスを求人募集に生かすには?

給与前払いサービスは、導入により求人応募率の向上が期待されています。その理由は、多くの求人情報サイトで「前払い」や「日払い」のニーズが高いためです。求職者から人気の高い制度を取り入れれば、人材採用でのアピールにつながります。

一方で、給与前払いサービスの導入企業が増えれば、今後は互角の魅力をもつライバルがさらに多くなると見込まれます。ほかの企業より有利に人材採用を進めるには、積極的な求職者へのアピールが急務といえるでしょう。

求人票で給与前払いをアピールする方法

すでに給与前払いサービスを導入している場合、求人票のPR欄やフリースペースなどに前払いに関する情報を記載しましょう。その際は、読んだ方がイメージしやすいように、できるだけ具体的な内容を盛り込むことが大切です。求職者側の視点に立ち、相手にとってのメリットを伝えるよう意識してみてください。

NG例

給与前払い対応可能。

OK例

給与前払い対応可能。スマホアプリを使って簡単に申請できます。従業員の福利厚生の一環として、突然の出費にお役立てください。

NG例では情報が少ないため、実際の利用シーンや申請方法をイメージしにくいでしょう。内容を補足して、導入している給与前払いサービスの使い方や、従業員が気軽に使える制度であることをアピールできると理想です。給与前払いを初めて知る方でも理解しやすいよう、簡単な説明を加えても良いでしょう。

このように、企業視点では当たり前の制度が求職者の視点では魅力的に見えることがあります。さらに人材採用での効果を期待するなら、従業員にとってメリットが多いサービスを選ぶことも重要です。給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」なら、最短即日の振り込みが可能で、スマートフォンやタブレットから申請できます。

「ADVASA」のアピール例

給与前払い対応可能。最短即日振込のサービスを導入しています。専用のアプリを使って、スマートフォンやタブレットから簡単に申請できます。従業員の福利厚生の一環として、突然の出費にお役立てください。

求職者から選ばれる求人票作成のポイント

続けて、求職者から選ばれる求人票を作成するために、企業側が注意しておきたいポイントをご紹介します。給与前払いサービスの例と同様に、求職者側の視点に立ち、情報を充実させることが大切です。求人応募率の向上を目指しましょう。

具体的な情報を多めに盛り込む

求人票のNG例としてよくあるのが、情報不足や説明不足などです。記載されている情報が少なすぎたり、「面接時にご説明します」のような形で省略されていたりすると、求職者に不安を与えるためお気をつけください。とくに、企業の事業内容や採用後の仕事内容は、より具体的に表記してイメージを掴みやすくします。

NG例

【仕事内容】
データ入力。詳細はお問い合わせください。

OK例

【仕事内容】
Microsoft Excelを使用した資料作成。〇〇に関するデータを入力していただきます。データの内容は、○○や○○などです。作成したデータは〇〇部門の〇〇業務に使用します。基本的なPC操作ができる方を歓迎いたします。

NG例では仕事内容が漠然としているだけでなく、さらには詳細不明の状態となっています。問い合わせのハードルが高く、応募者を遠ざけるおそれがあるでしょう。それに対して、OK例では仕事の詳細や社内における位置づけなど多数の情報が含まれており、求職者が想像するための材料が多く提供されています。

求職者のメリットを含めて伝える

求人票に掲載する情報に求職者のメリットを含めると、より強いアピールにつながります。たとえば、勤務時間や勤務地といった単純な情報でも、求職者側の視点に立つと伝えるべきことが意外と多くあるでしょう。工夫して盛り込んでみてください。

NG例

【勤務時間】
10:00~18:00
【勤務地】
〇〇エリア・〇〇エリア・〇〇エリア

OK例

【勤務時間】
10:00~18:00
時短勤務可能。お子さんの送り迎えに合わせて働いていただけます。
【勤務地】
〇〇エリア・〇〇エリア・〇〇エリア
ご希望のエリアを選んで勤務していただけます。お気軽にご相談ください。

NGでは情報を羅列したのみとなっています。OK例では、求職者のライフスタイルを意識した提案や、働き方の選択肢の多さをアピールしているのが大きな違いです。メリットが見えにくい場合は、従業員へヒアリングを行っても良いでしょう。

給与前払いサービスを最大限に活用するために

給与前払いサービスの導入後、制度をセーフティネットとして活用するには、自社の従業員へ情報を周知しておく必要があります。だからこそ、今後入社する可能性のある応募者――つまり、将来の従業員にも給与前払いサービスについて知ってもらうことが大切です。ご紹介したポイントを人材採用でお役立てください。

給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」は、福利厚生の一環として多数の導入実績がございます。従業員のセーフティネットを整えるために、一方で求人応募率を向上させるために、ぜひ給与前払いサービスの導入をご検討ください。

***

給与前払いサービスは、導入後に求人応募率の向上が期待できます。ただし、そのためには導入後に求人票を通して求職者への周知が必須です。求人募集では積極的にアピールを行い、導入した制度を最大限に活用しましょう。

前の記事へ記事一覧次の記事へ