ENG

コラム

従業員を多重債務のリスクから守るために。給与前払いの意義

従業員を多重債務のリスクから守るために。給与前払いの意義

意外と身近にある多重債務のリスク。自社の従業員には、健全な資金繰りのための備えがあるでしょうか。万が一の事態に備えて、企業がセーフティネットを用意しておくと安心です。ここでは、従業員の多重債務のリスクについてお伝えしていきます。

従業員の身近にある多重債務のリスク

「多重債務」と聞くと、自社の従業員とは無縁のトラブルと感じるかもしれません。しかし、昨今では借り入れにそれほど抵抗を感じない方もいて、多重債務のリスクが意外と身近に潜んでいる状況にあります。大切な従業員の暮らしの延長線上に、どのような家計の危機があり得るのか、企業側が理解しておくことが大切です。

多重債務の原因として一般的によく挙げられるのは、ギャンブルをはじめとした過剰消費でしょう。その一方で、健全な暮らしを続ける生活者にも、あらゆる突然の出費が発生します。たとえば、親族や友人の冠婚葬祭および病気のお見舞い、自動車や家電など高価な必需品の故障、医療費などはその一例です。

これらの突然の出費が重なれば、健全な生活者でも一気に資金不足に陥る可能性があります。初めのうちは日払いや週払いのアルバイトの掛け持ちでやり繰りできるかもしれません。しかし、家計の状況によっては金融機関からの借り入れに頼らざるを得ないケースもあるでしょう。多重債務のリスクは意外と身近にあるといえるのです。

従業員への負担が大きいアルバイトの掛け持ちは、人材の流出につながりかねません。また、借り入れは家計を破綻させるおそれがあります。いずれも自社の大切な従業員を失う原因となり得るため、企業側としても無視できない問題です。

借り入れへの抵抗が少ない背景

家計が資金不足に陥ったとき、借り入れを選択する方もいます。一部の生活者に借り入れへの抵抗が少ない背景として、広告による影響が挙げられます。メディアや街頭では、消費者金融や銀行カードローンの広告が見受けられるでしょう。視聴率の高いTVや多くの人が利用する公共交通機関で、多くの生活者に認知が広まっています。

これらの広告には、借り入れのイメージを明るく、そして身近で抵抗感のないものにみせる内容が含まれていることも。人気のタレントを起用した広告や、若い女性や動物といった親しみやすいモチーフを効果的に使う広告もあります。若年層がターゲットとなる広告も多く、借り入れの抵抗が薄れやすくなっている状況です。

借り入れは少額から利用でき、初めて利用するときの心理的なハードルが低いといえます。突然の出費に対応しようと、真っ先に消費者金融や銀行カードローンを思い浮かべる方もいるでしょう。こうして自分の経済力以上のお金を使うことに慣れると、感覚が麻痺して健全な資金繰りができなくなる危険性があります。

多重債務の従業員は解雇が難しい

万が一、従業員の多重債務が発覚した場合、企業にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。基本的に、多重債務を理由とした従業員の解雇は不可と判断されます。その理由は、多重債務は従業員の私生活の問題であり、業務遂行に問題がないためです。特別な事情がなければ解雇は難しいと考えられています。

とはいえ、従業員が業務を問題なく遂行できたとしても、企業が何らかのトラブルに巻き込まれないとは言い切れません。企業に取り立ての電話連絡が入ったり、従業員同士の金銭のやり取りが発生したりと、具体的に悪影響がおよぼされるケースも。従業員の私生活が、企業に一切影響を与えないとは限らないのです。

たしかに多重債務は従業員の私生活の問題といえます。しかし、従業員の生活と深く関わる職場には、私生活の問題が持ち込まれるおそれがあるのです。従業員が多重債務のリスクを避けるために、企業としてできることに取り組みましょう。

多重債務のリスクを避けるために企業ができること

従業員の多重債務は、突然の出費や安易な借り入れの利用が発端となることがあります。多くの方は、最初から高額の融資を受けるわけではありません。まず少額の借り入れから始まり、徐々にエスカレートした結果、家計の破綻につながるのです。

そんな従業員の多重債務のリスクを避けるために、給与前払いシステムの導入が注目されています。給与前払いシステムは、自分の働いた給与に相当する金額から、必要な資金のみ引き出せる仕組みで運用されています。従業員は自分で稼いだ給与相当額を利用して、一時的な資金不足に対応しやすくなるでしょう。

従業員の生活を守るリスクヘッジの目的で、給与前払いシステムを導入してはいかがでしょうか?

給与相当額随時払いシステム「ADVASA」は、従業員のセーフティネットとして導入していただくことも可能です。従業員の家計の破綻や、それにともなう離職を防ぐために、ぜひ「ADVASA」の活用をご検討ください。

***

多重債務のリスクは意外と身近にあります。最初は少額の利用から始まりますが、家計の破綻をまねくこともあるため注意が必要です。「ADVASA」の給与相当額随時払いは、健全な資金繰りのサポートに役立ちます。大切な従業員がトラブルに巻き込まれないよう、セーフティネットとしてご導入ください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ