ENG

コラム

プリペイド・リアルタイム・ポストペイの違いとは?キャッシュレスの豆知識

プリペイド・リアルタイム・ポストペイの違いとは?キャッシュレスの豆知識

キャッシュレス決済で利用する各種デジタルマネーには、現金を支払うタイミングに大きな違いがあります。キャッシュレス手段の選び方で迷ったら、プリペイド・リアルタイム・ポストペイを参考に検討してはいかがでしょうか。ここでは、キャッシュレス決済に関連して知っておきたい、基礎知識をご紹介していきます。

プリペイド(前払い)とは

プリペイドとは、前払い方式のキャッシュレス手段です。事前に現金を入金しておくことで、入金した金額分のデジタルマネーを使用できるのが特徴となっています。このように現金を入金することを「チャージ」と呼びます。

プリペイドのデジタルマネーには、主にカードタイプやスマホタイプなどがあります。いずれも利用開始時に銀行口座との連携や審査などの手続きが不要です。簡単に始められるため、幅広い方が気軽に利用しやすいキャッシュレス手段といえます。

そんなプリペイドの代表例として挙げられるキャッシュレス手段は、各種電子マネー・プリペイドカード・ペイロールカードなどです。ペイロールカードは給与デジタルマネー払いに使われるもので、国内ではまだ使用されていません。

プリペイドのメリットは、お金の使いすぎを防ぎやすい点でしょう。チャージした金額以上の利用ができないため、あらかじめ決められた金額を計画的に使えます。無駄遣いを防ぎ、家計をきちんと管理しやすくなります。

一方で、プリペイドのデメリットはチャージしなければ使えないことです。デジタルマネーの残高が不足していると、突然の出費に対応できません。また、チャージしたデジタルマネーは現金への払い戻しができないためご注意ください。

プリペイドのデジタルマネーは、お金の使いすぎが気になる方や、子どもにお小遣いをあげる方などに向いているキャッシュレス手段です。目に見える貨幣がないキャッシュレス決済において、使いすぎ対策として選ばれることもあります。

リアルタイムペイ(即時払い)とは

リアルタイムペイとは、即時払い方式のキャッシュレス手段です。決済と同時に銀行口座から利用金額が差し引かれます。銀行口座と連動しているのが特徴で、プリペイドのように現金でチャージをする必要はありません。

リアルタイムペイの代表例として、デビットカードやQRコード決済などが挙げられます。サービスの利用開始時に銀行口座と連携させる手続きが必要です。一方で審査がないため、銀行口座を持っている方であれば利用できます。

リアルタイムペイのメリットは、数あるキャッシュレス手段のなかでも、現金に近い感覚で使いやすいことです。さらに、国際ブランドが提供しているデビットカードのように、海外で利用できるキャッシュレス手段もあります。

ただし、リアルタイムペイには銀行口座に残高がなければ使えないというデメリットがあります。銀行口座を持っていることが前提であるため、条件によっては利用できない方もいるでしょう。また、残高が不足していると突然の出費に対応できません。

そんなリアルタイムペイは、現金に近い感覚でデジタルマネーを使いたい方に向いています。銀行口座から引き落とされる度に利用明細へ記録が残るため、家計を管理するうえでも便利です。残高以上に使いすぎる心配もありません。

ポストペイ(後払い)とは

ポストペイとは、後払い方式のキャッシュレス手段です。決済金額はまずサービスの提供会社が立て替え、利用者は後日サービスの提供会社へ支払うのが特徴です。銀行口座からの引き落としによる支払いが行われます。

ポストペイの代表例はクレジットカードです。利用開始時は銀行口座の登録が必要で、審査に通過しなければ利用できません。安定した収入がある方や、サービスの年会費を支払える方のように、利用条件を満たせる方が対象となります。

ポストペイのメリットは、高額な買い物で使いやすいことです。常に大量の現金を持ち歩くリスクを避けられます。また、分割払いやボーナス払いの選択肢があり、突然の出費に対応しやすいのもメリットでしょう。

その反面、ポストペイには使いすぎのリスクがあります。審査後に定められた限度額の範囲であれば、銀行口座の残高を超えた利用も可能です。きちんと自制してお金の管理ができる方や、高額な買い物をすることが多い方に向いています。

キャッシュレス手段を上手に使いこなしましょう

今後に控える給与デジタルマネー化にともない、より多くの方がキャッシュレス決済に対応すると見込まれています。ご紹介したほかに新たなキャッシュレス手段が登場する可能性もあるでしょう。プリペイド・リアルタイムペイ・ポストペイはそれぞれメリットとデメリットがあります。現金やほかのキャッシュレス手段と組み合わせながら、ぜひ自分なりの活用方法を見つけてみてください。

***

プリペイドは前払い式、リアルタイムペイは即時払い式、ポストペイは後払い式を指します。ペイロールカードを使う日も近いかもしれません。給与デジタルマネー払いの導入までに、自分なりのデジタルマネーの使い方を掴んでおきましょう。

前の記事へ記事一覧次の記事へ