ENG

コラム

突然の出費とは?従業員の家計を守る給与前払いサービスの活用法

突然の出費とは?従業員の家計を守る給与前払いサービスの活用法

従業員の家計に大きな打撃を与える「突然の出費」。ここでは、意外と生活の身近にある高額な出費の具体例を紹介しながら、セーフティネットの必要性をお伝えします。給与前払いサービスを福利厚生の一環として活用するうえでお役立てください。

従業員の家計に影響を与える「突然の出費」

給与前払いサービスは、従業員が突然の出費に備えるために活用できる仕組みです。しかし、そもそも「突然の出費」とは、具体的にどのような事例が想定されるのでしょうか? 健全な家計の管理ができている従業員であれば、いざという時に十分な備えがあり、金銭的に困らないように見えるかもしれません。

ところが、すでに健全な家計の管理ができている従業員も含め、人生では誰もが想定外のアクシデントに巻き込まれる可能性があります。また、自分の生活にかかわるお金だけでなく、冠婚葬祭のように家族や友人など身の回りの人との関係性からお金が必要となるケースもあるでしょう。高額な出費は意外と生活の身近にあるのです。

「突然の出費」の主な種類

従業員の身に起こる可能性がある「突然の出費」の具体例を挙げていきます。金銭面のリスクは、健全な家計の管理ができている従業員の身近にもあります。家計に影響を与える出費について知り、セーフティネットの必要性を再考してみましょう。

冠婚葬祭

突然の出費の代表例として挙げられるのは、冠婚葬祭です。特に新社会人となる20代には親族や友人の結婚式へ出席する機会が多くなります。ご祝儀制の式に招待されたら、まとまった費用が必要です。また、冠婚葬祭では帰省や遠方へ移動するための交通費が伴うケースも多く、想像以上に大きな出費となる場合もあるでしょう。

病気やケガ

普段から健康に気を遣っている方でも、病気やケガはいつ起こるかわからないアクシデントといえます。日常的に起こりやすい軽い病気やケガだけでなく、手術が必要な病気や交通事故による負傷で、高額の治療費が発生する可能性も考えられます。ペットを飼っている方は、動物の病気やケガで治療費を負担することもあるでしょう。

機器の故障

私たちの暮らしに欠かせないさまざまな機器。なかでも大型家電や自動車は修理や買い替えに高額な費用がかかりやすい機器です。住宅設備やスマートフォンのように、故障すると日常生活に支障をきたす機器もあるでしょう。これらの機器の故障を完全に防ぐのは難しく、予期せぬ出費が発生する場合があります。

その他アクシデント

日常生活における小さな失敗やアクシデントが、まとまった出費につながるケースもあります。財布を紛失してしまったり、交通違反をして罰金を支払ったり、あるいは思いもよらないトラブルに巻き込まれたりすることも。そんな想定外の事態に巻き込まれたとき対応できる貯金の準備がある方は、それほど多くありません。

「突然の出費」に備える方法

一般的に従業員が突然の出費に備える方法として、通常の貯金とは別途貯金を作る方法があります。たとえば、家計に「特別出資」という項目を設定し、月に1~2万円程度の貯金を勧めるファイナンシャルプランナーもいます。やや時間がかかりますが、上記のペースで貯金を続ければ年間で10~20万円が貯められる計算です。

ここで注意しておきたいのは、銀行や消費者金融が提供するカードローンの存在でしょう。突然の出費への備えとして、これらの金融商品が提案される場合がありますが、誰もが計画的に利用できるとは限りません。借り入れが常態化すれば感覚が麻痺するおそれもあり、家計の破綻にもつながりかねないといえます。

個人の努力で特別出資を貯金するほかに、企業として提供できるセーフティネットに「給与前払いサービス」が挙げられます。従業員に健全な家計を維持させるのを目的として、福利厚生の一環で給与前払い制度を導入してはいかがでしょうか。

給与前払いで借り入れを避けるという選択も

給与前払いは、従業員が働いた実績に応じて、給与相当額を給料日前に受け取れる仕組みです。金融機関での借り入れとは異なり、すでに働いた分に相当する給与を、給料日より早く受け取る形となっています。働いた後に受け取るのが前提であるため、突然の出費に備えながらも健全な家計を維持しやすいのが魅力です。

「ADVASA」の福利厚生ペイメントシステムは、従業員が突然の出費に備えるうえでも便利にお使いいただけます。給与相当額の随時払いは、最短即日振り込みでご利用いただけるため、すぐにお金が必要なときにも対応可能です。大切な従業員のセーフティネットとして、給与前払いサービスの導入をご検討ください。

***

突然の出費は、健全に家計を管理している従業員の人生にも起こり得ます。通常の貯金に加えて蓄える方法もありますが、十分な額が準備できるまでには時間がかかるでしょう。一方で、借り入れには家計が破綻するリスクが伴います。福利厚生ペイメントシステム「ADVASA」を導入し、福利厚生の一環としてお役立てください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ