ENG

コラム

給与前払いを健全に運用するために|利用条件を設定するポイント

給与前払いを健全に運用するために|利用条件を設定するポイント

福利厚生の一環として給与前払いサービスを導入するなら、健全に運用するための仕組みの有無を重視しましょう。従業員の過度な利用を防ぐために、どんな機能があるかをご確認ください。ここでは、利用条件を設定するポイントをご紹介します。

給与前払いに過度な利用のリスクはある?

従業員が給料日前に給与相当額を受け取れる「給与前払いサービス」。導入企業が増えつつある一方で、「従業員が使いすぎて金銭的なトラブルにつながるリスクはないのか?」と、懸念されているご担当者様もいらっしゃいます。実際のところ、給与前払いサービスには、過度な利用のリスクがあるのでしょうか。

給与前払いは、一見すると過剰消費につながるかのように見えます。仮に従業員が無計画に利用したならば、家計を破綻させかねません。しかし、実際の利用者の傾向を確認してみると、ほとんどが少額での申請となっています。一例として「ADVASA」の利用者を参考にすると、1回あたりの平均申請額は1.5万円です。

給与前払いサービスは、主に突然の出費に対応するためのセーフティネットとして利用されており、過剰消費につながるケースは少ないと考えられています。給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、過度な利用を防ぐための対策をとれるのが特徴です。従業員の家計を守るため、健全な運用のコツを押さえましょう。

以下では、給与前払いサービスを導入するにあたり、利用条件を設定するポイントをお伝えします。導入するサービスを比較検討するうえでお役立てください。

健全な運用のポイント|利用上限額を設定しよう!

給与前払いサービスのなかには、利用上限額を設定できるものがあります。あらかじめ利用上限額を設定しておけば、給与前払いをセーフティネットとして備えつつ、従業員の過度な利用を防ぎやすくなります。その際は、利用上限額を数万円程度に設定し、突然の出費にも対応できるように調整しましょう。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、企業様に利用上限額を設定していただけます。導入時の共通の設定では、1回あたりの利用上限額が30,000円未満(29,999円以下)に設定されていますが、金額は変更が可能です。従業員様を過度な利用のリスクから守るため、適切な設定でお使いください。

「ADVASA」では、さらに1日あたり・1カ月あたりの利用上限額も設定していただけます。申請回数の上限がないため、健全な運用のためにも併せて設定をおすすめしています。このような事情から、給与前払いサービスを導入するなら、できるだけ利用限度額を柔軟に設定しやすいものを選んだほうが安心です。

健全な運用のポイント|従業員の手数料をチェックしよう!

給与前払いサービスは、一般的に利用した従業員が手数料を支払う仕組みとなっています。前払いの申請をすると、システムの利用手数料や、銀行振込の手数料などが発生します。手数料が「利用金額の○%」のように割合で設定されるサービスでは、利用金額が大きい場合に手数料が高額となるため注意しておきましょう。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」では、利用金額にかかわらず1回あたり一律540円(消費税込)をお支払いいただきます。銀行振込の手数料も含まれているため、追加料金はございません。明白な料金設定であり、従業員様がシステムの利用に際して計算しやすい仕組みになっています。

給与前払いの目的に合うサービスをお選びください

福利厚生の一環として、セーフティネットを備える目的で給与前払いサービスを導入するなら、健全な運用をしやすいことが重要です。従業員を過度な利用のリスクから守るための対策がとりやすく、目的に合うサービスをお選びください。

福利厚生ペイメントシステムの「ADVASA」は、従業員様の健全な利用を目的として運営されています。給与相当額随時払いで突然の出費に備え、貯蓄のない世帯でも安心して働きやすい環境を整えるうえで、ぜひ導入をご検討ください。

「ADVASA」は健全な運用につなげるため、利用上限額をはじめとした詳細な設定が可能です。手数料の料金設定が明白で、安心してお使いいただけます。導入に際して不明な点があれば、どうぞお気軽に「ADVASA」までお問い合わせください。

当システムの導入時は、企業様に負担していただく費用が一切ございません。設置やシステム連携には無料で対応し、月額料金も不要です。導入のサポートの手厚さで選ぶなら、給与相当額随時払いシステム「ADVASA」をおすすめします。

***

給与前払いサービスを健全に運用するため、利用条件を設定するポイントをご紹介しました。給与前払いサービスには、一見すると従業員に過剰な利用のリスクがあるように見える部分があります。しかし、実際に利用状況を確認してみると、少額での利用が多い傾向にあり、主に突然の出費に対応するために役立てられているのです。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、企業様に利用上限額を設定していただけるため、過剰な利用を避けるために対策が可能です。福利厚生の一環として導入を検討するなら、「ADVASA」までご相談ください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ