ENG

コラム

アルバイトで採用した人材を定着させる3つのコツ

アルバイトで採用した人材を定着させる3つのコツ

アルバイトスタッフは店舗にとって重要な働き手です。多くの企業で学生から主婦層まで幅広い人材が活躍していますが、なかには人材が定着しにくい課題を抱える職場もあります。今回は、アルバイトで採用した人材を定着させるコツをお伝えします。

「アルバイトで採用した人材が定着しない」企業の悩み

アルバイトスタッフを採用しても、なかなか職場に定着しない……。そんな悩みを抱える企業が少なくありません。たとえ欠員を補充するために次々とスタッフを採用しても、人材が定着しなければ根本的な解決にはつながらないでしょう。このような人材の“使い捨て”には、店舗の運営において多くのデメリットがあります。

人材の“使い捨て”が常態化すると、まず採用の負担が大きくなります。業界によっては人手不足の影響を受け、アルバイト採用の競争率が高まっている場合もあるでしょう。求人募集では同業他社との競争に勝ち、応募者から選ばれる必要があります。アルバイトスタッフが退職するたびに、採用コストが発生するのが難点です。

また、人材の“使い捨て”をする企業ほど、教育の負担が大きくなります。アルバイトスタッフは店舗にとって重要な働き手であり、一人前になるまでには多くの教育コストがかかります。教育を受けたスタッフが退職すれば、新たなスタッフを採用するたびに、一から教育するコストが発生するのです。

採用や教育にかかるコストをできるだけ抑え、余裕のある店舗運営をするためには、アルバイトスタッフを職場に定着させることが重要といえます。ここからは、人材を定着させる環境を整えるコツをご紹介していきます。

【コツ1】コミュニケーションを充実させる

一般的に、アルバイトスタッフが職場に定着しない主な原因として挙げられるのは、コミュニケーション不足です。適切な意思疎通ができないと、業務に支障が出るだけでなく、仕事にやりがいを感じにくくなります。必要な業務連絡を速やかに行うためにも、居心地の良い職場を作るためにも、コミュニケーションを充実させましょう。

アルバイトスタッフに業務を指導するときは、ものごとを丁寧にわかりやすく伝えます。このとき、相手から質問しやすい雰囲気を作るのがポイントです。店長やバイトリーダーは話を聞く立場となるよう配慮しましょう。また、スタッフの努力を認めて評価することも大切です。良好な人間関係は仕事のやりがいにつながります。

アルバイトスタッフのなかには、これまでに仕事の経験がある社会人だけでなく、初めて仕事を経験する学生もいます。自分から同僚と打ち解けるのが難しいスタッフがいれば、店長やバイトリーダーが新人教育に携わり、積極的にサポートしていくことが重要です。時には仕事の息抜きのために、雑談もできると良いでしょう。

【コツ2】シフト管理の改善をはかる

シフト管理に関するトラブルは、アルバイトスタッフの離職の原因となることがあります。シフトは多すぎても少なすぎても不満につながるためご注意ください。また、スタッフ同士が不平等を感じないよう、業務はできるだけ平等に負担させましょう。

シフト管理に失敗する原因としてよく挙げられるのが、シフトを作成する時間に余裕がないことです。目安としては、月末から1~2週間前までにはスタッフにシフトの希望を提出させておくと良いでしょう。翌月の勤務までに時間の余裕があれば、各自の予定に合わせてシフトの最終的な調整がしやすくなります。

シフトを組むときは、単純に人数のバランスを揃えるよりも、各スタッフの仕事の熟練度を考慮したうえで配置しましょう。スタッフの熟練度により業務の負担に差が生じやすいためです。新人とベテランのバランスを考慮してシフトを組みましょう。

【コツ3】アルバイトが利用できる福利厚生を充実させる

企業の福利厚生は、アルバイトスタッフでも正社員と同様に利用が可能です。人材採用においては、福利厚生が充実していることを積極的にアピールしましょう。たとえば、店舗の商品を購入するとき社員割引を利用できるのは、福利厚生の一例です。求職者から選ばれるために、新たな福利厚生の導入を検討してはいかがでしょうか。

どんな業種でも導入しやすく、かつ導入コストが少ない福利厚生の例として、給与前払いシステムが挙げられます。給与前払いシステムは、従業員がアプリやWebサイトからアクセスし、給料日前に給与相当額を受け取れる仕組みです。アルバイトの求職者からニーズが高いサービスとして注目されています。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、人材採用を有利に進めるために多くの企業様に導入していただいた実績がございます。福利厚生の一環として、従業員向けのセーフティネットに「ADVASA」をご活用ください。

***

アルバイトスタッフが定着しない状態が続くと、店舗の運営に多くのデメリットが生じます。人材が定着しやすい環境を整えるために、職場のコミュニケーションやシフトの組み方に改善をはかりましょう。アルバイトが利用できる福利厚生を導入するなら、給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」がおすすめです。

前の記事へ記事一覧次の記事へ