ENG

コラム

一般的に給料日の日付や振り込み時間はいつが多い?

一般的に給料日の日付や振り込み時間はいつが多い?

お金は働いた分の対価であり、働くうえでもっとも大切にしたいものでしょう。就職や転職をしたときは、給与がいつ入金されるのか、あらかじめ確認しておくと安心です。ここでは、給料日や締め日の日付についてご紹介していきます。

一般企業に多い給料日の日付

まずは一般企業に多い給料日の日付をご紹介します。多くの企業では、毎月25日が給料日に設定されています。このほかに多いのは、5日・10日・15日・20日・30日などの日付です。5の倍数・月末・月初が給料日に設定されやすいといえます。

一方で、派遣社員など月に2回給料日がある雇用形態もあります。このようなケースでも、上記と同様に2回の給料日が5の倍数・月末・月初に設定されることが多く、かつ月に二度給与が支払われます。

給料の締め日は、企業によって日付が異なります。一般的に、給与が25日払いの企業では、前月の末日あるいは10日が締め日です。したがって、就職や転職をしたばかりの方は、1カ月目の給料日にほとんど収入がないこともあり得ます。

働き始めの月は、このような事情から給与が満額支給されないことも多く、翌月の給料日までのやり繰りが難しくなるケースが珍しくありません。就職や転職をする際は、給料日や締め日について、あらかじめ確認しておくと安心です。

給与振り込みの時期やタイミング

給与が振り込まれるタイミングについては、一般的に給料日の午前9時となっています。このタイミングは労働基準法に基づいて決められており、従業員が給料日の午前10時までに引き出せるように、企業側は指導されています。

ただし、企業の給与支払いの方法によっては、振り込みの手続きが遅延する可能性が考えられます。たとえば、振り込みの業務を銀行の窓口で行う企業では、入金が9時を過ぎるケースもあるようです。

給料日が休日と重なる月には、一般的に給料日前の平日に給与が振り込まれます。ただし、企業によっては休日開けの平日が振り込みのタイミングとなる場合もあります。会社の振り込みのルールをあらかじめ確認しておきましょう。

それでも給与が振り込まれるタイミングが遅いと感じたときは、念のため管理部門に問い合わせてみることをおすすめします。

給与前払いならいつでも給与相当額を受け取れる!

ここまでで、一般的な給料日や振り込みの時期についてお伝えしました。人によっては、給与が月に一度の支払いであることを、不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。特に、給料日目前に急な出費が発生した場合には、対応しにくいでしょう。

そこで利用すると便利なのが、企業の給与前払い制度です。前払いは「前借り」とは異なり、自分が働いた分の実績に応じて給与に相当する金額を引き出せる仕組みです。きちんと働いた分の給与を受け取るため、借金とは異なります。

給与前払いは、特に短期や期間限定のバイトでのニーズが高いといわれています。短期間でまとめて働きたい方や、予定している出費に備えてお金を貯めている方にとっても、給与を必要なときに引き出せる前払いは、便利な制度だといえるでしょう。

従来、給料日は月に一度であるのが社会の常識でした。しかし、新たに給与前払い制度が導入されると、今後は給与にまつわる常識が変わっていくかもしれません。自分のニーズに合う給与支払いの仕組みを知り、会社選びの参考にしましょう。

給与前払い対応の会社で働くメリットとは?

給与前払いに対応した会社で働くとどのようなメリットがあるかご紹介します。求人情報を探す際、ぜひ参考にしてみてください。

給料日を待つ必要がない

会社が給与前払いに対応していれば、給料日前の急な出費に対応しやすくなります。「数日後なら払えるのに……」という悩みが生まれません。次の給料日がいつであるかを気にすることなく、自分のペースで生活できるのが魅力です。

誰かにお金を借りる必要がない

給与前払いシステムを利用すれば、家族や友人からお金を借りる必要がありません。システムから簡単な手続きを行うだけで申請ができるため、上司や管理部門のスタッフによる許可も不要です。人目が気にならず、お金を借りる不安もありません。

無理な働き方をしなくてもいい

給与前払いシステムがあれば、メインの仕事の給与が振り込まれる前に、休日に単発バイトを入れる必要がなくなるかもしれません。ひとつの仕事に集中しやすいことから、長く働き続けやすいというメリットがあります。

***

給与の振り込み日は、一般的に毎月25日である企業が多いといえます。給与の振り込みのタイミングは、給料日の午前9時頃が多いようです。

現在、給料日は一律で決められている場合が一般的ですが、今後は給与前払い制度の導入により、給与相当額を随時引き出せるようになる可能性があります。

求人情報をチェックするときは、給与の前払いや日払いに対応している仕事を探すことで、これまでより柔軟な働き方ができるようになるかもしれません。

前の記事へ記事一覧次の記事へ