ENG

コラム

給与日払いの導入でシフトが組みやすくなる3つの理由

給与日払いの導入でシフトが組みやすくなる3つの理由

給与日払い制度を導入すると、さまざまなメリットが期待できます。そんな中でも「従業員の定着率アップ」や「求人応募数の増加」は特に見逃せません。結果としてシフトが組みやすくなるなど、職場環境の改善につながるケースもあります。
今回は、給与日払いを導入することで得たメリットにより、シフトが組みやすくなる理由をご紹介していきます。

【理由1】従業員の定着率がアップするため

シフトが組みにくいという課題を抱えている場合、まずは従業員の定着率を確認してみることをおすすめします。シフトが多すぎて1人あたりの負担が大きくなると、長く働き続けるのが困難となります。短期間で離職する従業員が多く、人数不足が解消されない状態が続いているのであれば、定着率の改善が求められます。

慢性的に従業員の定着率が低迷している職場では、そもそも必要な人数が不足していることがシフトを組みにくい原因となっている場合があります。このようなケースでは、従業員の人数を十分に増やすことで、シフト組みへの不満を解消しやすくなるようです。

給与日払いの制度を導入する効果として、従業員の定着率アップが期待されています。給与に関して柔軟な対応ができるようになると、従業員がほかの日払いのアルバイトへ流出するのを防げるのです。働き慣れた職場で仕事を続けられるのは、従業員にとっても企業にとっても、大きなメリットといえるでしょう。

【理由2】シフトに入る動機を強化できるため

シフトを組むときは、人数が不足していることから、やむを得ず従業員に声をかけて依頼することがあります。そんなとき、別の日払いの仕事の予定があれば、シフトに入ってもらうのは難しいでしょう。すぐに手元へお金が必要で働いている従業員にとって、日払いの仕事をキャンセルするデメリットは大きいのです。

それに対して、給与日払いの制度が整っている企業であれば、突然にシフトが入った場合もその分の給与相当額の受け取りが可能となります。日払いの仕事と同様の給与体系が用意されているならば、どちらかといえば働き慣れた職場で仕事をしたほうが、従業員も安心してお金を稼げるはずです。

このように、働いた分のお金をすぐに引き出せる利便性があることや、働いた実績が可視化されてやりがいにつながることで、従業員がシフトに入る動機が強化されることがあります。これが給与日払いに対応する強みのひとつです。従業員にとっても企業にとってもメリットが期待でき、働き手の確保につながります。

【理由3】求人情報サイトで選ばれやすくなるため

「従業員を増やすために求人情報サイトに登録していても、応募者が少ない……」
そんなお悩みを抱えている採用担当者は少なくないでしょう。すでにギリギリの人数でシフトを組んでいる状況にあると、人材採用は一刻を争う事態にあるといえます。そんなとき、給与日払いに対応可能な企業であることをアピールすると、応募者が増加する可能性があります。日払い可能な求人には、それだけの需要があるのです。

日払い可能というキーワードで求人情報を検索する応募者が増えつつある近年。より幅広い応募者とのマッチングの可能性が広がることや、応募者のニーズと合致した採用ができることから、人材確保のために給与日払いに対応する企業も少なくありません。応募者が想定よりも少ないときは、活用することをおすすめします。

アルバイトやパートの人材を確保するために、競合他社にはない自社のアピールポイントを作りたい――そんなシーンにおいても、給与日払い制度の導入が有利に働きます。近年の応募者の傾向やニーズを踏まえて求人募集を行ううえでも、給与日払いの導入を検討する価値は高いといえるでしょう。

シフト組みの悩みを新たな制度の導入で改善しましょう!

よくあるシフト組みの悩みに対して、給与日払いを導入することで、どのような効果が期待できるかをお伝えしました。給与日払いに対応する企業では、給与日払いシステムを導入し、煩雑な業務をアウトソーシングする方法が一般的です。

その際は、給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」をご利用ください。「ADVASA」は、従業員の働いた実績に応じて、必要なときに必要な金額を受け取れる、便利なサービスです。福利厚生として導入する企業が増えつつあります。

実は従業員からのニーズが高い給与日払い。対応を始めた企業では、従業員の定着率アップや求人応募数の増加といった効果が見られた事例もあります。「人材不足でシフトが組みにくい」「従業員にシフトに入るよう依頼するのが難しい」といったシフト組みの課題の対策として、導入を検討してみてはいかがでしょうか?

***

アルバイトやパートのスタッフは、企業側に給与面での柔軟性を求めている場合があります。給与日払いに対応できる制度を整えておくことで、シフトが組みにくいという課題の解決につながるかもしれません。導入を検討されている企業様は、「ADVASA」までお気軽にお問い合わせください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ