ENG

コラム

単発バイトは不安定?従業員が気にするデメリットとは

単発バイトは不安定?従業員が気にするデメリットとは

単発バイトは、今日も社会のさまざまな場所で必要とされています。豊富な求人があり、多くの企業が働き手を求めているものの、その働き方の特徴から従業員がデメリットを感じているケースがあるようです。

今回は、単発バイトに入る求職者のニーズや、単発バイトのメリット・デメリットをご紹介しながら、人材確保対策についてお伝えします。アルバイトスタッフの確保のために、ぜひ参考にしてみてください。

単発バイト・短期バイトのニーズ

「単発バイト」とは、短期バイトの中でも、特に続けて働く期間が短いものを指します。1日~数日間だけの非常に短い間のアルバイトや1~2週間だけのアルバイトなどが、一般的には単発バイトと呼ばれています。

これに対して「短期バイト」とは、数カ月間くらいまでの期間限定のアルバイトを指します。単発バイトと同様に、期間の長さには特に決まりがありません。ただし、短期バイトのほうが働く期間はやや長いことが多いようです。

単発バイトと短期バイトは、どちらもスタッフが都合の良い時期にまとめてシフトに入りやすい働き方といえます。特に、単発バイトは日払いで給与が支払われる場合もあり、学生や主婦をはじめとした幅広い応募者からニーズがあります。

よく選ばれる単発バイトの例として挙げられるのは、イベント設営・データ入力・販売・工場や倉庫での作業などです。未経験でもできる比較的簡単な仕事が多いため、休暇などを利用して短期間でまとめてお金を稼ぐケースがよくあります。

従業員が単発バイトで感じるメリット

単発バイトに従事するスタッフは、短期間で必要なお金を稼ぎに来ている場合が多いのが特徴です。そのため、働いた分の給与はできるだけ早く受け取りたいと考え、特に給与が日払いであることを大きなメリットとして受け取ります。

給与日払いの単発バイトでは、一般的なアルバイトのように、決められた給料日が来るまで入金を待つ必要がありません。必要な金額を必要なときに稼げるのが、単発バイトのメリットだといえるでしょう。

給与日払いの求人は常に一定の需要があり、求職者から人気があります。したがって、企業側は日払いに対応するなどの特徴を押さえることで、人材採用における求人応募数の増加が期待できるようになるのです。

ほかにも、誰でもできる簡単な業務であるため未経験でも応募しやすいことや、試用期間が設けられていないためすぐに働けることも、単発バイトならではのメリットといえます。求職者のニーズをとらえ、採用活動を有利に進めましょう。

従業員が単発バイトで感じるデメリット

多くのメリットがある一方で、単発バイトにはデメリットもあります。

最もよく挙げられるのは、収入が不安定になりやすいことです。単発バイトは短期間で募集が終了し、長期的に働き続けるのが難しいといえます。求人が常にあるとは限らないため、基本的に同じ職場で同じ仕事を続けることはできません。経済的な不安を感じる従業員もいるようです。

次に挙げられるのが、仕事を通して身につくスキルの少なさです。単発バイトは単純作業などの誰にでもできる仕事が多く、手に職がつきにくいといえます。同様に、人間関係もその場限りであるため、人付き合いの経験にもつながりにくいでしょう。その後、ほかの仕事で活かせるような経験は期待できない場合が多いようです。

給与日払いに対応して人材確保につなげよう

従業員が単発バイトに対して感じるデメリットは、給与日払い制度の整った企業で長く働き続けることで解消につながるかもしれません。

給与日払い制度とは、従業員が働いた実績に応じて、給与に相当する金額を随時受け取れる制度のことです。つまり、単発バイトに入らなくても、給料日前に必要なお金を引き出せるのです。

「ADVASA」をはじめとした専門のシステムを導入すれば、企業側の負担なしで給与日払いに対応できるようになります。日払い可能をアピールすることで、求人への応募が大幅に増えた事例もあり、人材確保の対策としてもおすすめです。

同じ職場で働き続ければ人間関係が構築でき、仕事のスキルも身につきます。一方で、働いた分の給与は必要に応じて引き出せるため、日払いと同様の柔軟性があります。従業員のニーズに合わせて給与日払いを導入し、人材確保につなげましょう。

なお、短期バイトの募集において給与相当額の随時払いの仕組みを活用することも、もちろん可能です。長期雇用のアルバイトだけでなく、単発バイトや短期バイトでも、ぜひ「ADVASA」をご活用ください。

***

単発バイトは、給与が日払いで受け取れることから人気があります。アルバイトやパートの人材を募集するとき、長期雇用のスタッフも日払いに対応することで、人材を確保しやすくなるかもしれません。その際は、導入負担がかからない給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」までお問い合わせください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ