ENG

コラム

日払いVS週払い 求職者から人気なのはどちら?

日払いVS週払い 求職者から人気なのはどちら?

給与日払いや週払いの求人は、アルバイトやパートの求職者から人気が高いのが特徴です。それぞれ異なるニーズがあるため、人材採用で求職者にアピールするときは、期待に応えられる条件を整えておくことが大切です。ここでは、給与日払いや週払いに対するニーズの高さや、求職者の期待に応えるためのポイントをご紹介します。

給与「日払い」のニーズ

給与「日払い」の求人を中心として探している求職者は、主に以下のようなニーズを抱えているケースがあります。

  • 1日~数日だけ働いて、ある程度まとまった金額が欲しい!
  • 事情があってすぐにお金が必要。今すぐに入れる仕事があるなら、今日か明日には仕事をしたい!
  • 当日に給与を受け取れるなら、もっとシフトを増やしたい! ほかの仕事よりも、即日払いの仕事を優先したい!

ここで注意しておきたいのが、多くの求職者ができるだけ早く給与を受け取れる仕事を探している点です。それに対して、給与日払いとは、基本的に給与の締め日が1日単位であることを指します。必ずしも即日振り込みであるとは限りません。

即日振り込みではない場合、給与が振り込まれるタイミングは、翌日であったり週明けであったりと企業ごとに異なります。いずれにしても、振り込みのタイミングが遅ければ遅いほど、求職者のニーズとはかけ離れていくのです。

日払いの求人を探している求職者は、「日払い」を即日払いと混同して認識している場合があります。即日払いを求める求職者にとって、支払いが翌日以降になることは、ちょっとした不満につながるかもしれません。

給与「週払い」のニーズ

一方で、給与「週払い」の求人を中心として探している求職者は、主に以下のようなニーズを抱えているケースがあります。

  • 今から3週間のうちに就職活動の資金を稼ぎたい!
  • 長期休暇の空いた時間を活用して、まとめてお金を稼ぎたい!
  • 1カ月後の海外旅行の準備のために、必要なお金を用意しておきたい!

週払いに対するニーズの特徴は、日払いのように今すぐにお金を必要としているわけではないことです。数週間後に控えた大きな出費に備えて、今のうちに週単位でまとめて働きたいと考える求職者が多いとみられます。

そもそも週払いとは、給与の締め日が1週間単位であるのが特徴です。締め日の翌日に支払われる場合もあれば、翌週の締め日に支払われる場合もあります。何曜日が締め日になるか、支払いがいつかは企業によって異なります。

大きな出費に備えて働く人もいるため、日払いと同様に支払日については事前に求職者に通知して、トラブルを防ぐよう努めましょう。また、何曜日が締め日となるのかについても、事前に伝えておくと安心です。

重要なのは“給与がいつ振り込まれるか”

日払いと週払いのニーズについてご紹介しました。日払いと週払いは、いずれも締め日や支払日の条件が異なります。また、企業によってもこれらの条件が違うため、求職者を混乱させないよう配慮が必要といえるでしょう。

いずれにしても共通するのは、求職者は「給与がいつ振り込まれるか」を最も気にする可能性が高いという点です。日払いや週払いに対応する場合は、求職者のニーズを汲み取り、振り込みのタイミングや締め日をわかりやすく説明しましょう。

可能であれば、日払いの求人は即日の振り込みに対応したほうが、求職者のニーズに応えやすくなります。週払いの求人の場合は、1週間の締め日当日の振り込みであれば、わかりやすくかつニーズにも応えやすいでしょう。

必要なお金のために働くアルバイトやパートは、給与の振り込まれるタイミングが、従業員の生活に影響を与えることがあります。支払いのタイミングが早い求人へのニーズを理解し、求人応募数の増加につなげられると理想的です。

給与相当額の即日振り込みは「ADVASA」にお任せ

給与相当額の随時払いシステム「ADVASA」を導入すれば、従業員が働いた実績に応じて、相当額が出金できるようになります。現状、社内に日払いや週払いの仕組みがない企業様でも、「ADVASA」のアプリからいつでも前払いの対応が可能です。

気になる振り込みのタイミングですが、一部の時間帯を除いて、基本的には即日払いに対応できます。働いた分だけいち早く利用したいという従業員のニーズに応えられるため、給与振り込みの条件でマッチングできる求職者の幅が広がります。

もちろん、日払いや週払いの必要がないという従業員は、随時払いを利用しなくても問題ありません。システムの利用手数料は利用者が負担する仕組みになっているため、利用しない従業員への影響がなく、安心して導入していただけます。

企業側の導入コストがかからないのも「ADVASA」の大きな特徴です。システム構築や連携手数料は不要。アフターサービスも充実しています。日払いや週払いのニーズに応えるために、ぜひ導入をご検討ください。

***

給与の日払いと週払いには、それぞれ異なるニーズがあります。いずれも求職者は支払いのタイミングを重視している点に留意しておきましょう。求職者から選ばれる条件を整えるために、給与相当額随時払いの「ADVASA」をご活用ください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ