ENG

コラム

ペイロールカードと各種カードの違いとは?

ペイロールカードと各種カードの違いとは?

ペイロールカード、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード…。キャッシュレスでの決済に使えるカードにはさまざまな種類がありますが、それぞれの違いはどこにあるのでしょうか?

特に、給与支払い改革で注目を集めるペイロールカードは、今後の導入により日本でも広く普及する可能性があります。デジタルマネーでの給与支払いが始まる前に、ペイロールカードの特徴や使い方を確認しておきましょう。

ペイロールカードとは

ペイロールカードとは、給与の支払い先として用いられるカードのことです。プリペイドカードの一種で、カードを使って買い物ができるほか、現金を引き出せます。デジタルマネーで給与支払いを行う企業では、従業員のペイロールカード宛てに送金が行われます。アメリカではすでに導入され、利用されている仕組みです。

これまでの日本では、企業が給与の支払いを行う際は、従業員の銀行口座宛てに振り込みが行われていました。今後、ペイロールカードが導入されると、カードに直接デジタルマネーが送金されるため、銀行口座が不要となります。従業員はペイロールカードを使って各種支払いを行ったり、現金を引き出したりできるようになります。

ペイロールカードは、現状日本では未対応であり、今後の導入が検討されている段階です。導入後は、外国人労働者が主な利用者として想定されています。銀行口座の開設にハードルがある人が国内で働きやすい環境を整えるため、デジタルマネーでの給与支払いの仕組みづくりが進められています。

ペイロールカードとクレジットカードの違い

クレジットカードとは、クレジットカード会社が加盟店への支払いを立て替え、後日利用者に請求するという形で、特殊な支払いを行えるカードのことです。国内で特に普及しているキャッシュレス手段のひとつとなっています。

このような支払い方が可能となるのは、カードの利用者とカード会社の間に、信用が成り立っているためだといえます。「クレジット(credit)」という言葉には「信用」という意味があり、カードは信用の証です。利用開始に際して審査が必要であり、誰でも利用できるわけではありません。このような特徴から、海外ではクレジットカードが本人確認に利用されることもあるようです。

クレジットカードがあれば、現金を持ち歩かなくても支払いができます。この点は、ペイロールカードと共通しているといえるでしょう。ただし、クレジットカードを利用するためには、銀行口座の登録や審査が必須です。ペイロールカードは、銀行口座の登録や審査が不要であり、誰でも利用できるという違いがあります。

ペイロールカードとデビットカードの違い

デビットカードは、銀行口座と連携しているカードであり、支払いと同時に引き落としが行われるのが大きな特徴です。現金により近い感覚で利用できるキャッシュレス手段として、利便性の高さから利用者が増えています。

支払いと同時に引き落としが行われるということは、銀行口座の残高が不足している場合には利用ができないということです。残高以上の利用を防ぐ仕組みであるため、クレジットカードと比べて使いすぎの抑制につながると考えられています。

ペイロールカードは事前に入金した残高の範囲で使えるという点で、デビットカードと似ているといえます。また、事前の審査が不要なのも共通点といえるでしょう。一方で、デビットカードは銀行口座との連携が必須です。この点がペイロールカードとの大きな違いといえます。

ペイロールカードとプリペイドカードの違い

プリペイドカードとは、事前に現金での支払いを行い(=チャージ)、チャージした金額の分だけデジタルマネーを利用できるキャッシュレス手段です。決済を行うと、すでにチャージしてある分から即時、支払った金額が引かれていきます。

ペイロールカードは、プリペイドカードの一種です。一般的に、プリペイドカードは個人が入金して個人が利用しますが、ペイロールカードの場合は法人が入金して個人が利用することになります。使い方はプリペイドカードとほとんど変わりません。

プリペイドカードはカードに直接入金が行われるため、銀行口座の登録が不要です。また、利用を始めるときに審査がありません。各種電子マネーやギフトカードなどと同様の仕組みで、誰でも気軽に利用できます。

***

給与支払い改革で話題の「ペイロールカード」は、プリペイドカードの一種です。給与が支払われると法人からチャージが行われ、給与分のチャージを従業員が利用できるようになる、という流れで運用されます。

ペイロールカードは、クレジットカードやデビットカードと異なり、銀行口座の登録が不要であるのが特徴です。ペイロールカードが普及すれば、わざわざ銀行口座を開設することなく企業で働けるようになります。

今後、日本でも各企業でペイロールカードが導入される見込みです。ペイロールカードの普及前に、基本的な使い方や各種カードとの違いを確認しておきましょう。

前の記事へ記事一覧次の記事へ