ENG

コラム

給与前払いシステムを徹底比較!チェックするべきポイントとは?

給与前払いシステムを徹底比較!チェックするべきポイントとは?

近年、新たなサービスが次々と登場している給与前払いですが、利便性や安全性のレベルは各社で異なります。そこで今回は、給与前払いシステムを徹底比較するためのポイントをご紹介します。チェックしておきたいポイントを参考に、導入する給与前払いシステムの種類を絞り込みましょう。

【ポイント1】企業側にかかるコストで比較する

給与前払いシステムを長く使い続けるためには、企業側にかかるコストで比較することが重要です。特に、福利厚生としての長期的な運用を視野に入れるなら、最初に確認しておくべき部分でしょう。システムによって金額に大きな差が出やすいため、導入前にきちんと比較検討しておくことをおすすめします。

  • 初期費用はかかるか?…システムの導入時に発生する費用のことです。設置費用や設定費用のほか、既存のシステムとの連携費用が生じる可能性があります。
  • 月額費用はかかるか?…毎月、企業側に利用料金がかかる給与前払いシステムもあります。月額費用が無料でも、前述の初期費用が発生する場合があるため、あらかじめ確認しておくと安心です。
  • 運用時の業務負担はかかるか?…担当する従業員の業務負担が大幅に増えると、たとえ月額費用が無料でも、結果として人件費のコストがかさみます。経理部門や人事部門の業務負担が増えないほうが望ましいでしょう。

数ある給与前払いシステムを、初期費用・月額費用・運用時の業務負担の観点から徹底的に比較してみてください。給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、初期費用が無料、月額費用が無料、運用時の業務負担がほとんどないのが特徴です。

【ポイント2】従業員側の使い勝手で比較する

給与前払いシステムの主な利用者は、自社の従業員です。したがって、従業員側の使い勝手は企業側の負担と同様にもっとも重視したい部分といえます。従業員への負担が大きい場合、福利厚生として利用しにくくなるため本末転倒です。あくまで従業員のための仕組みとして、従業員目線で比較しましょう。

  • 手数料はいくらか?…手数料が定額でない場合は注意が必要です。特に手数料が「金額の○%」という方式の給与前払いシステムは、利用金額が高額になるほど従業員の負担が大きくなるおそれがあります。
  • 社内での申請は必要か?…給与前払いを利用するとき、上長や経理部門への申請の必要がなく、個人的に使える仕組みがあるでしょうか?従業員の心理的な負担が少ないかどうかも大切なポイントです。
  • 即日振り込みができるか?…従業員が突然の出費で利用することを想定するならば、即日振り込みへの対応は必須といえます。反対に、即日振り込みに対応できなければ、従業員のニーズには応えられないかもしれません。
  • スマホでも使えるか?…通信環境さえあれば、スマートフォンやタブレットからも気軽に利用できると安心です。PC以外で申請が可能だと好ましいでしょう。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、従業員目線で比較した場合にも多くのメリットが期待できます。サービスを利用する都度、定額500円の手数料が発生します。社内での申請は一切不要で、即日振り込みにも対応可能です。PCのほかにスマートフォンやタブレットなど、あらゆる端末から利用できます。

【ポイント3】サービスの信頼性で比較する

給与前払いシステムは金銭にかかわるサービスです。また、従業員の個人情報である勤怠状況の情報も取り扱います。導入するときは、信頼できるサービスであるかどうか、徹底的に比較したうえで検討するべきでしょう。

  • 企業のセキュリティに対する方針は?…企業がセキュリティをどれだけ重視しているか、企業の公式サイトやパンフレット等で確認しておきましょう。
  • 信頼できる金融機関との提携があるか?…給与前払いシステムは導入後に金銭のやり取りが発生します。国から貸金業として登録されている金融機関と提携し、安全に金銭にかかわるサービスを提供していることが大切です。

給与相当額随時払いシステムの「ADVASA」は、公式サイト掲載のプライバシーポリシーや情報セキュリティ基本方針をいつでも確認できます。また、サービスの提供はセブン銀行や三井住友カードなど、貸金業として登録を受けている金融機関との提携によって行われているため安心です。

【ポイント4】提供会社のサポート体制で比較する

給与前払いシステムの導入後、万が一システムの運用に関する問い合わせが必要になったら、きちんとサポートを受けられるでしょうか? 導入前につい忘れがちなサポート体制の充実度の面でも、十分に比較してみてください。

  • 導入前のサポート体制は?…準備段階でどの程度のサポートを受けられるかを比較しましょう。企業側の負担が大きすぎる場合は注意が必要です。
  • 運用開始後のサポート体制は?…導入後、長期間にわたり利用するなら、サポートが手薄にならないよう確認しておきましょう。

給与相当額の随時払いシステムの「ADVASA」は、準備段階でも丁寧に導入企業様のサポートを行います。また、運用開始後は専門のコールセンターを利用可能です。問い合わせ対応を気軽に行えるため、業務負担の軽減にお役立てください。

***

給与前払いシステムを導入するときは、あらゆる観点から徹底的に比較し、検討することが大切です。近年、多くの給与前払いシステムが登場していますが、その全てが必ずしも安心して利用できる、利便性の高いサービスとは限りません。今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ複数のサービスを比べてみてください。

前の記事へ記事一覧次の記事へ